やっぱりノーマル? 改造車の個性もアリ? 規制緩和で超多様化しているタクシー事情

タクシー車両はもともとすべて改造車だった

大昔のタクシーと言えば、トヨタ・クラウンや日産セドリックが当たり前であった(小型タクシーではトヨタ・コロナや日産ブルーバード、三菱ギャランなどもあったが)。後席ドアの開口面積など、タクシー車両としての要件に関する規制が厳しかったことが背景にある。



やっぱりノーマル? 改造車の個性もアリ? 規制緩和で超多様化しているタクシー事情



2015年に国土交通省はタクシー車両の要件緩和を行った。すると、街なかには個人タクシーだけでなく、法人タクシーでも多彩な車両がタクシーとして走るようになった。とくに目立ってきたのがミニバン系。もともと片側(助手席側)もしくは両側の後部スライドドアが自動で開閉できるということで、タクシーとしての自動ドアへの改造が必要ないというのも大きかったようだ。



やっぱりノーマル? 改造車の個性もアリ? 規制緩和で超多様化しているタクシー事情



かつてのクラウンコンフォートやY31セドリックといっても、“タクシー専用車”ではなく、あくまで“営業車”というカテゴリーでラインアップされていたので、タクシー車両として使う前には、自動ドアに改造する必要があった。つまり、“タクシー車両=改造車”であったのだ。現在ラインアップされている日産NV200タクシーの基本スペックは、ガソリンエンジン仕様となり、LPガスで走らせたいならば、LPガスタンクなどを設置してLPガスも燃料として使える“バイフューエル仕様”に改造することになるが、この改造を請け負っているのは、走り屋のみなさんにはお馴染みの、あの“HKS”となっている。


あわせて読みたい

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「テスラ」のニュース

次に読みたい関連記事「テスラ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュース

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スバル」のニュース

次に読みたい関連記事「スバル」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月17日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。