トヨタがまさかの特許侵害で日本企業から訴えられた! 超大手企業2社の間に何があったのか?

トヨタがまさかの特許侵害で日本企業から訴えられた! 超大手企業2社の間に何があったのか?
拡大する(全4枚)

この記事をまとめると
■日本製鉄が中国の鉄鋼メーカーの宝山鋼鉄とトヨタ自動車を提訴した



■日本製鉄はモーターなどに使用される無方向性電磁鋼板に特許侵害があると主張している



■どの電動部品で無方向性電磁鋼板を使っているかは公開されておらず影響は不明



特許侵害しているとする中国企業の鋼板を使うトヨタにも責任追求

日本製鉄は2021年10月14日、中国の鉄鋼メーカーの宝山鋼鉄とトヨタ自動車に対して、無方向性電磁鋼板に関する特許の侵害があったとして、それぞれ損害賠償請求訴訟を東京地方裁判所に提起したと発表した。これに併せて、日本製鉄はトヨタに対して、トヨタの電動車について製造販売の差止仮処分の申立てを行った。



トヨタがまさかの特許侵害で日本企業から訴えられた! 超大手企...の画像はこちら >>



※写真はイメージ



このニュースが流れて、多くの人が「なぜ、日本を代表する超大手企業どうしがもめることになったのか?」という素朴な疑問を持ったことだろう。



日本製鉄は、2012年に新日本製鐵が住友金属工業と合併し、2018年に社名を変更した製鉄業界の最大手である。一方のトヨタは、売上高では日本トップ企業であり、車体や各種部品でさまざまな金属を材料として仕入れ、加工して量産に組み込んでいる。そうした中で、今回は無方向性電磁鋼板について、日本製鉄とトヨタの言い分が大きく食い違っている。



まず、無方向性電磁鋼板とは何か?



トヨタがまさかの特許侵害で日本企業から訴えられた! 超大手企業2社の間に何があったのか?



※写真はイメージ



日本製鉄のプレスリリースには、次のように記載されている。



「電磁鋼板は、特殊な製造プロセスによって鉄の磁石につく特性(磁気特性)を著しく高めた『高機能材料』で、発電所の発電機、電気機器や電動車・携帯電話の振動モータ等の『鉄心(コイルの中になる鉄材、コア)』として、身のまわりで広く使用されています。無方向性電磁鋼板は、特定の方向に偏った磁気特性を示さないように、鋼板の面内でできるだけランダムに結晶方位をコントロールした鋼材で、モーターなど回転機の鉄心に広く使用されています」。


この記事の画像

「トヨタがまさかの特許侵害で日本企業から訴えられた! 超大手企業2社の間に何があったのか?」の画像1 「トヨタがまさかの特許侵害で日本企業から訴えられた! 超大手企業2社の間に何があったのか?」の画像2 「トヨタがまさかの特許侵害で日本企業から訴えられた! 超大手企業2社の間に何があったのか?」の画像3 「トヨタがまさかの特許侵害で日本企業から訴えられた! 超大手企業2社の間に何があったのか?」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「トヨタ」に関する記事

「トヨタ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「トヨタ」の記事

次に読みたい「トヨタ」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク