巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

なぜ夏休みは始まったの? 文部科学省に聞いてみた

画像はイメージ

[拡大写真]

夏休み……とても甘美な響きだ。
でも筆者は小学生時代、「夏休みってちょっと長すぎない?」と思っていた。おおよそ一カ月ある夏休みを、有効に使えたことがないのだ。宿題の計画はどんどん崩れていくし、クーラーの入った部屋でダラダラしていれば母親に怒られるし、塾も親戚の集まりもだんだんしんどくなってくる。子どもを持つ親たちからも「子供を毎日どこかに連れていかなきゃいけないのが疲れる……」というグチを聞くことがチラホラ……。
そもそも夏休みって一体なんなんだ? なんでこんなに長いんだ?


夏休みが始まったのは明治14年


誰に聞くのが一番信用性があるか、と考えた結果、文部科学省に聞いてみることにした。

――夏休みってなんなんですか?
正式には夏期休業といって、学校教育法で決められたものです。期間などは、各地区町村の教育委員会が決めることになっています。

――いつから始まったんですか?
明治14年に小学校教則綱領の第7条にて『小学校ニ於テハ日曜日、夏季冬季休業日及大祭日、祝日等ヲ除クノ外授業スヘキモノトス』と定められました。


夏休みの目的は不明


――どういう目的で始まったんですか?
明確な理由はわかりかねます。

――えっ明確な理由はない!? 暑すぎるから……でしょうか。
そうですね。北海道は夏期休業の期間は短いので。気候によって通学を円滑にするために、設けているということは考えられます。

――なるほど。ほかは、教職員の人が休むためとか?
教員は夏休み期間中に講習も多く、休みになっておりません。
関連キーワード

ライター情報: YUE /プロップ・アイ

美容やグルメスポットの取材、恋愛リサーチ、編プロにて本の執筆、編集作業をしている。2012ミスアースジャパンファイナリスト ナッツマイスター。

URL:有限会社プロップ・アイ

2016年8月18日 12時25分

「なぜ夏休みは始まったの? 文部科学省に聞いてみた」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!