巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

2

ソフトクリームロボット「やすかわくん」が生まれた理由を安川電機に聞いてみた

2017年9月20日 10時00分 ライター情報:西門香央里


ソフトクリームをつくってくれるロボット「やすかわくん」ってご存知ですか?

ロボットがきれいにソフトクリームを巻いて、ソースをかけてくれるんです。

やすかわくんの生み親は、1915年から続く「安川電機」という産業用ロボット製造をしている会社

ホームページを見ると、一見お硬そうに見える会社ですね。ちょっとゆるめのロボットからはギャップを少し感じます。サイトの中でも、やすかわくんについては少ししか紹介されていません。

そもそもなぜ安川電機からソフトクリームを作るロボットが生まれたの?
というわけで、今回は安川電機の方に、やすかわくんについて聞いてみました。


「やすかわくん」とは?


本当は、やすかわくんに会いに行きたかったのですが、長崎のハウステンボスと北九州の安川電機の本社にしか普段はいないそうなので、今回は竹芝にある東京支社で広報の方にお話を聞いてきました。

やすかわくんは安川電機で2010年に生まれ。実はソフトクリームロボット以外にも、ルービックキューブを解いたりする兄弟がいるそう。

彼は自身の持つ「アーム」を使って器用にアイスクリームを巻いて、ソースをかけて、そしてサーブまでをしてくれます。お顔はひょうひょうとしていて、ちょっとゆるい感じ。





まず、コーンにソフトクリームを器用に巻いていきます。人間でさえも難しい技ですが、やすかわくんは上手に巻きます。



ソフトクリームを巻き終わったら、今度はソースをかけてくれます。こちらもうまくかけてくれます。



最後に、受取台にセッティングしてサーブ。ここまでがやすかわくんの行ってくれる一連の動作です。改めて、安川電機さんが以前アップしてくれた動画を見てみてください。



少し画像は荒いのですが、器用にソフトクリームを巻いていますね。ソフトクリームの仕上げの部分とか、ちょっと上にあげるのがポイント? 軽快な音楽が流れる中、無表情で巻いてくれるのも、なんともシュール(ロボットだから当たり前なのですが)

関連キーワード

ライター情報: 西門香央里

東京在住フリーランスのフォトライター。K-POP、韓国事情(ソウル中心)、国内外のグルメ、街情報を中心にWebメディアなどで活動中。年3〜4回の渡韓でエネルギーを蓄えている。
寄稿媒体:goo いまトピ、TABIZINEなど

URL:Twitter:@Kaori_Simon

コメント 2

  • 匿名さん 通報

    動画の歌がなんか嫌い

    2
  • 匿名さん 通報

    アイスクリームが小さすぎる件。これお金取るの?

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!