巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

7

トランプ大統領当選から1年 観光地になったニューヨークのトランプタワー

トランプのご尊顔を模したトイレットペーパー。大統領選前の人気商品だったが……

1年前の2016年11月8日は多くのアメリカ国民にとって驚きの1日だった。民主党の大統領候補ヒラリー・クリントンと共和党の大統領候補ドナルド・トランプの最終決戦にトランプが勝利したからだ。

ヒラリー・クリントンは、夫ビル・クリントンが大統領を務めていた時にファーストレディーとして国政に参加。その後に米上院議員として活動するなど政治家としての経験が豊富で、当時現職のバラク・オバマ大統領のサポートも受けながら米国史上初の女性大統領を目指していた。一方で、当時のトランプ大統領は、実業家として名をはせながらも政治家としての経験や可能性は未知数で、奇抜な発言でメディアを席巻していた。

筆者の住む都市部(ニューヨーク)は民主党(クリントン)支持者が圧倒的に多い。トランプの勝利が決まった直後は、周りの友人・同僚にも「今日は会社休んでもいい?」「アメリカ人として何も言えない」と自信喪失に陥る民主党支持者(およびトランプ不支持者)がちらほらいて、大統領選翌朝のニューヨークの地下鉄車内は葬式状態だった。あの衝撃から1年、ニューヨークの街中はどうなったのだろうか? 


トランプタワーが観光地になっている!

 
不動産王トランプは、自身の名を冠したビルやホテルを多く所有している。そのシンボル的存在がニューヨーク・ミッドタウン5番街にあるトランプタワーだ。ティファニーやグッチ、ハリー・ウィンストンといった高級ブランド店に囲まれた超一等地である。そんなトランプタワーの今はというと、ニューヨークの隠れた観光地と化しているのである。連日トランプタワーの前には観光客が大挙して押し寄せ、ビル前での記念撮影や警備中の警官を写真に収める。皆が思い思いのポーズをとり、楽しそうである。
トランプタワー前の警察官とロゴを背景に記念撮影する観光客

観光地らしく、トランプグッズを販売する人も周囲にいる。売れ筋商品を聞くと、排せつ物とトランプ大統領のコラボバッジとのこと。そして売り手の彼も「想定外だった」と言うほど好調な売れ行きを見せるのが、ロシアのプーチン大統領とトランプ大統領のコラボバッジ。これらの非公認グッズは1個5ドル(約570円)、3個で10ドル(約1140円)という適当な価格設定で絶賛販売中だ。
トランプタワー前で売られているトランプ関連グッズ

ライター情報: 迷探偵ハナン

米ニューヨーク在住。飯・酒・サッカー・筋トレを愛する武闘派。圧倒的なその場しのぎスキルと驚異的な丸投げ能力が武器。好物:プリン体高含有の食べ物全般 /苦手なもの:甘い飲み物(含むカクテル)

2017年11月4日 08時00分

コメント 7

  • 匿名さん 通報

    夢のアメリカは遠くなりにけり。

    9
  • 後悔先に立たず 通報

    いったい誰が選らんだのやら。

    9
  • 花札 通報

    トランプグッズの緩さに吹いたw 訴訟訴訟のアメリカでもこう言うとところは妙に緩いのな それと、トランプって草の根の人気あるのね

    9
  • 匿名さん 通報

    安倍首相よりトランプ大統領の方が"イロモノ"臭くはあるんだけど、それにしても米国のアンチ・トランプ・マスコミと日本のアンチ安倍マスコミが驚くほど似通っていることよ。

    7
  • 匿名さん 通報

    トランプ叩きもいいけど、栗んとんだったら米国と世界がもっと悲惨な状況になってたと想像するに難くないんだけどな。

    6
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!