巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

蛇口からビールが出てくる夢のような体験をしてきた!


1997年に誕生した箱根ビールの20周年記念を祝うイベント「箱根ビール大感謝祭」が、東京の二子玉川ライズ・ガレリアで行われました。

イベントの目玉は蛇口をひねると出てくるビール。マイグラス持参すると、形や大きさにかかわらず無料で注ぎ放題です。ビール好きにはたまりませんね。さっそくビアグラスを持ってイベントに参加して来ました。


ビール好きたちが大集合!


イベントはお昼12時開始の予定。しかし想像以上に早い時間から入場の列ができ始めため、30分繰り上げてのイベント開始。さっそく会場には蛇口から出るビールを楽しもうという行列が。屋外なのに、ここだけ気温が3度くらいあがっているかのような熱気です。



蛇口から注がれるのは箱根ビールの「箱根ピルス」。蛇口付近には、スタッフが常駐し、ビール注ぎのサポートをしてくれます。勢いよく蛇口をひねると泡が多くでてしまうので、チョロチョロと小出しにして泡が欲しいときだけ勢いを強めるなど調整しながら注ぎます。

参加者は「蛇口からビールを注ぐとテンションあがります!」と、ビールを手に笑顔の人ばかり。会場内には、SNSの写真用の蛇口も用意。「インスタ映え」もバッチリです。


ジョッキ、ポット、ペットボトル…!? 想定外にビッグなマイボトル




驚いたのはビールを飲む人や列に並ぶ人が手にしているマイグラス。なんと、飲みきれる量であれば大きさの制限はないとのこと! せっかく1杯無料なのだから、なるべく大きめのグラスを持っていこうとは思っていましたが、想像を越えるバラエティの豊かさでした。


タンブラーや陶器のマグカップ、海外メーカーのロゴが入ったオリジナルグラスなどおしゃれなものから、居酒屋で使うビールのピッチャー、麦茶などを入れる1.2リットルのポットなど、大容量のものまで。「せっかくだから大きいサイズにしないともったいない!」と気合いで持ってきたという方もいました。


イベントを知り、二週間前から容器について計画を練っていたという方も。結果、当日の朝に100円ショップへ。1リットルの計量カップに決めたそうです。今回使った軽量カップは今後植物の水やりに使う予定だそう。


ドイツに住んでいたというグループの方々は、本場のオクトーバーフェストで購入したグラスで参戦。陶器のグラスは片手で持ちあげるのが大変なくらいの重さ。さすがビールの本場です。


ちなみに一番驚いたのが、2リットル入りペットボトルの注ぎ口を切った自作のマイグラス。周りの参加者からもかなりの注目を集めていました。参加者のみなさんからは並々ならぬビールへの情熱が感じられました。

関連キーワード

ライター情報: 橋村望/イベニア

秋田県出身のフリーライター。イベントレポやグルメ、女性向け記事などを中心に活動中。
SSI認定利き酒師・焼酎利き酒師。

URL:Twitter:@kikizakejp

2017年12月12日 17時26分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!