巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

5

運動会「今なら苦情モノ?」な演目を大人世代に聞いた

2018年6月11日 19時00分 ライター情報:武井怜


5月にピークだった運動会。筆者が小さいころに体験した運動会の記憶をたどると、小学生がおへそを出して踊ったり、先生がニュースで世間を賑わせている人の仮装をしたり、今の時代なら保護者から苦情がきそうな演目がちらほら……。そこで周りの大人達に聞きました。自身が体験した「今なら苦情モノ?」な運動会の演目!

早飲みにうさぎ跳び!我々の時代




●障害物競争でラムネ(瓶)の早飲み(40代男性/東京都出身)

ひと昔前のバラエティ番組にありそうな演目。



●町内を回ってくるかけっこ(60代女性/長野県)

オールスター感謝祭みたい。学校から出ちゃうんですね! 物騒な現代では難しい。

●白い粉の中に顔を突っ込んでアメを探す障害物競走(30代男性/兵庫県)



この演目、筆者も経験があります。引いた紙に当てはまって連れ出した見ず知らずの先輩が、粉の中のアメを食べてくれました。

LINEに、これをやっているような男女の絵文字ありますよね


●麻袋に入ってうさぎ跳びみたいにピョンピョンするリレー(30代女性/徳之島)

今もやっていそう?


●パン食い競争
「今だと食べ物を粗末にするなと苦情がきそう」(30代男性/青森県)

●背中渡り
「みんなで四つん這いになってその上を渡っていく」(30代男性/福岡県)

●棒倒し



「棒倒し」(60代女性/長野県、50代男性/東京都、50代女性/埼玉県、50代女性/福島県、40代女性/東京都、40代女性/千葉県)。

「一本のバーを守る集団の中に入ったり、背中や頭の上に乗り、バーを早く倒した方が勝利」というルールのもの。

「バーではなく、本当の丸太ん棒でやった。裸足の競技だった」(60代女性/長野県)
想像するだけで手が傷だらけになりそうです。同じ棒倒しでも、ワイルドさに差がある模様。

これらの演目は今もやっているところもあるようです。

関連キーワード

ライター情報: 武井怜

1988年生まれ。心配性な漫画家、歌人。『気にしすぎガール~この世のあらゆる物事に気を遣いすぎる女の日常~』(KADOKAWA)発売中。シットコム(海外のコメディドラマ)愛好家。

URL:Twitter:@kinishisugigirl

「運動会「今なら苦情モノ?」な演目を大人世代に聞いた」のコメント一覧 5

  • 匿名さん 通報

    当時から、こいつらのやってることは虐待だと思っていた。教師は犯罪者だ。

    19
  • 匿名さん 通報

    揃って行進しないと見栄えが悪いとか、前からやってたからやめられないとか、学校っていうところは教師の事なかれ主義と保身が横行している所。子供のことなんて何も考えていない。

    12
  • 匿名さん 通報

    部活の先生のこと大嫌いだったけど、自分が社会人になったら土日祝は普通に休みたい 土日まで部活の試合やらで休みなし、今から思うと先生ってそこまでやってたのかってビックリ

    10
  • 匿名さん 通報

    今なら運動会そのもので、苦情がでる。自分中心の人が増えたもんだ。

    7
  • 匿名さん 通報

    ピラミッドで一番下だった。あの競技ほどクソなのないわw 重いわ背中に爪立てられるわ、男子は裸でやらされてホントきつかった・・・・

    6
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!