今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

長澤まさみ&古沢良太「コンフィデンスマンJP」豪快でユルユルな大仕掛けを楽しもう、発進! 

2018年4月16日 09時45分 ライター情報:大山くまお
今年の春ドラマはコメディーが多い。その中でも期待の1作、月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』がスタートした。古沢良太脚本、長澤まさみ、東出昌大、小日向文世主演の信用詐欺(コンゲーム)をテーマにしたコメディーだ。
イラスト/まつもとりえこ

先週放送された第1話の視聴率は9.4%。ちょっと寂しい数字だったが、尻上がりにどこまで上っていけるかが見もの。

ちなみにタイトルについている「JP」とは「日本」という意味。古沢良太が書き上げた脚本をもとに、日中韓で同時に製作が始まっているのだ。中国なら『コンフィデンスマンCN』、韓国なら『コンフィデンスマンKR』ということになる。脚本の段階で異なる国での製作がスタートするのは極めて異例のことらしいが、それだけ古沢の脚本が国際的に認められている証拠でもある(オリコンニュース 3月30日)。

誰が誰を騙してる? 二転三転するストーリー


主要登場人物は、天才的な頭脳と集中力を持つ奔放なコンフィデンスウーマン(信用詐欺師)のダー子(長澤まさみ)、ダー子に騙されてこきつかわれる小心者でお人好しのボクちゃん(東出昌大)、変装の達人で百戦錬磨のコンフィデンスマン・リチャード(小日向文世)の3人。彼らが毎週登場する大物ゲストを相手に、あの手この手で信用詐欺を繰り返す。

「ゴッドファーザー編」と銘打たれた第1話のターゲットは、表の顔は名士だが、その実、裏では悪事を繰り返す“日本のゴッドファーザー”こと赤星栄介(江口洋介)。非常に猜疑心が強い性格なため、ダー子たちも苦戦を強いられる……というお話。

ホストクラブの女社長(未唯mie)と中古車販売チェーンの社長(山西惇)をダブルターゲットにしたコンゲームを見せる冒頭から、誰が誰をだましているのかわからない展開で引っ張っていく脚本の腕前はさすが。本筋に入っても、ストーリーは二転三転、どんな仕掛けが炸裂するのかがわからないまま、ぐいぐいお話が進んでいく。ダー子たちの浮世離れした人物設定も物語のスピード感を加速させていた。

リアルさよりユルさ、緻密さより豪快さ


コンゲームがテーマということで、神経を尖らせるような騙し合いを想像した視聴者も多かったかもしれないが、第1話のトリックはユルユル。架空の「いわき空港」を作ってしまうのはともかく、ダー子が数ヶ月でキャビンアテンダントになってしまったり、飛んでいる飛行機のハッチを無理やり開けてしまったりと、「そんなのアリかよ?」と思わせるような仕掛けが相次いだ。

ライター情報

大山くまお

ライター。著書に『野原ひろしの名言』『野原ひろしの超名言』(双葉社)、『名言力』(ソフトバンク新書)、『中日ドラゴンズあるある』(TOブックス)など。

URL:Fire Stone and Water

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!