review

「コンフィデンスマンJP」3話。視聴率回復のカギはストーリーの「テレ朝化」と見た

長澤まさみ主演、古沢良太脚本の月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』。“コンフィデンスマン”と呼ばれる信用詐欺師たちがターゲットの悪党を騙して大金を巻き上げる。

先週放送された第3話の視聴率は盛り返して9.1%。このまま上昇気流に乗っていけるだろうか?
「コンフィデンスマンJP」3話。視聴率回復のカギはストーリーの「テレ朝化」と見た
イラスト/まつもとりえこ

若くて小綺麗で巨乳の画家は売れる?


エキセントリックな天才詐欺師・ダー子(長澤まさみ)、お人好しで小心者のボクちゃん(東出昌大)、変装を得意とするベテラン詐欺師・リチャード(小日向文世)の3人のコンフィデンスマンの今回のターゲットは、美術評論家の城ヶ崎善三(石黒賢)。

テレビで冠番組を持つほど著名な美術評論家の城ヶ崎だが、その正体は鑑定に持ち込まれた美術品の真贋を偽って安く買い叩き、その美術品を裏社会のマネーロンダリング用に高値で売りつけて私服を肥やすダーティな美術商だった。

城ヶ崎は女癖も悪く、ボクちゃんが偶然知り合った画家志望の美大生・ユキ(馬場ふみか)に「可能性を感じる」と囁きかけて落とすと、わずか三ヶ月でポイ捨てしてしまう。ショックで自殺未遂を起こして個展を開けなくなったユキの姿を見て、怒ったボクちゃんがリチャードに話を持ち込んでターゲットにしたのだ。

明らかにセックスの後、推薦の言葉を求めたユキへの城ヶ崎の言葉がひどい。

「こんな絵を推薦しては、私の名に傷がつく」
「若くて小奇麗で巨乳の画家の絵。売れる可能性はある」
「作品そのものはゴミだ。何の可能性もない。あ、キミは30過ぎたら太るタイプだぞ。今のうちにスケベなパトロンを見つけて、売りつけなさい」

あわせて読みたい

  • 「コンフィデンスマンJP」ユルユル発進

    「コンフィデンスマンJP」ユルユル発進

  • カンヌ映画祭 芦田愛菜の死刑宣告

    カンヌ映画祭 芦田愛菜の死刑宣告

  • 最終回「あなそれ」徹底バカだった美都

    最終回「あなそれ」徹底バカだった美都

  • 「あなたのことはそれほど」東出ヤバい

    「あなたのことはそれほど」東出ヤバい

  • レビューの記事をもっと見る 2018年4月30日のレビュー記事
    「「コンフィデンスマンJP」3話。視聴率回復のカギはストーリーの「テレ朝化」と見た」の みんなの反応 3
    • 匿名さん 通報

      ストーリーにフジもテレ朝もねえだろよっw

      5
    • 匿名さん 通報

      チョン局の受け入れはいかんぜよ。チョンの広報部と化してしまう。

      5
    • 匿名さん 通報

      テレ朝化?主観に憶測と妄想に捏造込みってことか。

      1
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コンフィデンスマンJP

    コンフィデンスマンJP

    長澤まさみが主演を務める月9ドラマ。天才的な頭脳を持ち、難解な専門知識もすぐにマスターしてしまう主人公・ダー子と、お人よし詐欺師のボクちゃん(東出昌大)、スマートに相手を騙すリチャード(小日向文世)による痛快エンターテインメントコメディー。

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース