review

「コンフィデンスマンJP」「ドクターX」長澤まさみと山田孝之ズルすぎ5話。今夜は悪内村光良登場とな

長澤まさみ主演、古沢良太脚本の月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』。奔放なダー子(長澤)、お人好しのボクちゃん(東出昌大)、変装の名人・リチャード(小日向文世)の3人の“コンフィデンスマン(信用詐欺師)”が悪党から大金を騙し取る。

先週放送された第5話の視聴率は9.3%。微増が続いているが、第5話の二転三転するストーリーの面白さはシリーズ屈指だった。視聴率、まだまだ伸びるとみたね。「国際信州学院大学」がダー子たちの仕掛けの一つに見えたあなたはすでにコンフィデンスマン脳。
「コンフィデンスマンJP」「ドクターX」長澤まさみと山田孝之ズルすぎ5話。今夜は悪内村光良登場とな
イラスト/まつもとりえこ

「お金がないってことは命の価値が低いのよ」


『情熱大陸』と『プロフェッショナル 仕事の流儀』を足して3で割ったようなドキュメンタリー『ノンフィクショナル 仕事の行儀』で始まる第5話。わざわざナレーターの窪田等を起用したり、「Progress」をそのまま流したりする芸の細かさ、手間のかけ方がすごい。あちこち許諾も必要だったろうに……。

『ノンフィクショナル』に登場するのは“若きスーパードクター”こと野々宮新琉(永井大)。そして今回のダー子たちのターゲットが、彼の母親であり、野々宮総合病院の理事長、野々宮ナンシー(かたせ梨乃)だ。

ナンシーは“グッドルッキング”だが手術もろくにできないダメ医者の新琉をスーパードクターに仕立て上げ、集まった患者から賄賂を受け取った上、お金のない患者は病院から叩き出すという悪辣な病院経営を行っていた。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2018年5月14日のレビュー記事
「「コンフィデンスマンJP」「ドクターX」長澤まさみと山田孝之ズルすぎ5話。今夜は悪内村光良登場とな」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    だーこの、楽しそうなとこが好き。

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コンフィデンスマンJP

コンフィデンスマンJP

長澤まさみが主演を務める月9ドラマ。天才的な頭脳を持ち、難解な専門知識もすぐにマスターしてしまう主人公・ダー子と、お人よし詐欺師のボクちゃん(東出昌大)、スマートに相手を騙すリチャード(小日向文世)による痛快エンターテインメントコメディー。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース