「いだてん〜東京オリムピック噺〜」「あまちゃん」時系列更に進化、鮮烈冒頭からラストは「中村屋!」1話

「「いだてん〜東京オリムピック噺〜」「あまちゃん」時系列更に進化、鮮烈冒頭からラストは「中村屋!」1話」へのコメント( 6 件)

記事を見る
コメント利用規約 サービス利用規約
  • 匿名さん 通報

    >この地で日本初のオリンピック予選が開かれたことを思えば、地縁を感じずにはいられない。   国際空港の場所で、予選を開いたのは、何の因果かと思いますよね❗

    2
  • 匿名さん 通報

    >帽子の色が落ちたというのは、制作統括の訓覇圭によれば史実だとか  あれ、本当なんですか❗凄い❗

    4
  • 匿名さん 通報

    >かぶった帽子の染色が雨に濡れて流れ出し、顔を真っ赤に染めながらゴールを切る金栗の姿は、まるで歌舞伎の隈取りのようで、思わず「いよっ、中村屋!」と声をかけたく 狙ってましたよね

    2
  • 匿名さん 通報

    >大使から次のストックホルム五輪のスタジアム(の設計図)やポスターを見せられると、再び情熱を取り戻し、参加に応じると伝える。 次の大会のでしたか

    1
  • 匿名さん 通報

    >語り手の志ん生も、過去のシーンでは、森山未來演じる若き日の美濃部孝蔵(志ん生の本名)として登場  たけしだと、滑舌が悪く聞き取りにくいので森山君に最後までナレーション担当して欲しいです。

    5
  • 匿名さん 通報

    いっくらオンエア後だとはいえ、オチを書き記してるのダサいです

    5
全ニュースの新着コメントを見る