review

「いだてん〜東京オリムピック噺〜」少年時代の金栗四三は夏目漱石と会っていたのか2話

宮藤官九郎のオリジナル脚本によるNHKの大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」(放送は毎週日曜、総合テレビでは午後8時、BSプレミアムでは午後6時、BS4Kでは午前9時から)。1月13日放送の第2話「坊っちゃん」では、前回のラスト、日本初のオリンピック予選会のマラソンにて1位でゴールした金栗四三について、いまいちど時代をさかのぼり、その生い立ちをたどった。
「いだてん〜東京オリムピック噺〜」少年時代の金栗四三は夏目漱石と会っていたのか2話
イラスト/まつもとりえこ

金栗四三の生い立ちをスピーディに描く


第2話のあらすじを年表風にまとめるとこんな感じになる。

・明治24(1891)年、熊本県・春富村の没落した造酒屋の家の四男として金栗四三誕生。その名は、父・信彦(田口トモロヲ)が43歳のときの子供ということでつけられた。その前年には、ドラマの語り手である美濃部孝蔵、のちの5代目古今亭志ん生が誕生。

・四三・5歳(子役:久野倫太郎)。第五高等学校を訪れていた嘉納治五郎(役所広司)に抱き上げてもらおうと、病弱な父とともに春富村から熊本まで片道約40キロを歩いて出かける。しかし結局、嘉納に抱き上げてもらうどころか、その顔すら人垣に阻まれてまともに見られず。

・四三、尋常小学校に入学。体が小さくて友人たちになかなかついていけない。だが、兄嫁の出産からヒントを得て、独自の呼吸法を編み出し、俊足を身につける。

・明治34(1901)年、四三・10歳(子役:船元大馳朗)。高等小学校まで往復12キロを走って通学。人呼んで「いだてん通学」。そのころ父が危篤に。隣村のかかりつけの医者の家まで走って呼びに行くも、死に目には間に合わず。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「いだてん〜東京オリムピック噺〜」少年時代の金栗四三は夏目漱石と会っていたのか2話」の みんなの反応 8
  • 匿名さん 通報

    面白いと思います。小気味いいリズムのある展開に引き込まれます。見ていて飽きません。

    2
  • 匿名さん 通報

    「いだてん」は「あまちゃん」よりも夏目漱石を描ききった「吾輩は主婦である」とリンクしてると感じた。サブタイトルにも仕掛けがあるのかも。最終回まで全部録画するわ。

    2
  • 匿名さん 通報

    >堕落した日々をすごしていた志ん生。あげく吉原の遊郭で遊んだカネを踏み倒そうとするのだから、どうしようもない。 若き日の破天荒なキャラクターですね。

    2
  • 匿名さん 通報

    >NHKの朝ドラ「あさが来た」(2015〜16年)でも、自転車が女性の社会進出を象徴するモチーフとして使われていたのを思い出す。  なんだか、懐かしい気がします❗

    2
  • な、夏目漱石なんて…。 通報

    夏目漱石なんて、志賀直哉とか、菊池寛とか、芥川龍之介とか寄せ集めて小説を「書け、書け」女々しい男でしょ。だから大衆ウケする。前者の二人も、夏目をめっちゃ嫌ってたそうです。

    1
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

いだてん

NHK大河ドラマ「いだてん」

2019年1月20日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。