日向坂46 佐々木美玲「久美さんが『もしかしたら、私かも』って」 衣裳部屋立てこもり事件の真相に松田好花も驚き
拡大する(全1枚)

6月25日(土)、アイドルグループ・日向坂46の松田好花がメインパーソナリティを務めるラジオ番組「日向坂46松田好花の日向坂高校放送部」(ニッポン放送・毎週土曜22時~)が放送。ゲストに登場したメンバーの佐々木美玲が、以前起こった1期生による『衣装部屋立てこもり事件』の真相を語った。

日向坂46 佐々木美玲「久美さんが『もしかしたら、私かも』っ...の画像はこちら >>

日向坂46 佐々木美玲、松田好花

『衣装部屋立てこもり事件』は、2017年開催の『欅坂46 デビュー1周年記念ライブ』の当日に起きた事件。松田ら2期生が加入する以前、当時『けやき坂46』名義で活動していた佐々木美玲含む1期生メンバーは、本来ライブ本番に発表されるはずだった『2期生メンバーオーディション』の開催を本番前に知ってしまい、混乱するあまり衣装部屋にこもってボイコットしようとしたというものだ。

活動開始間もない頃のメンバー追加ということもあって、自分たちの存在意義に疑問を感じての行為だったというが、その『事件』の中心となったのが佐々木美玲であるとされていた。だが、真相は少し違っていたという。

美玲:1つ言っていい?あれ、私が(衣装部屋の)鍵閉めたことになってるんだけど、(佐々木)久美さんなんだよね(笑)

松田:えっ、そうなんですか!?

美玲:なんか、(佐々木久美から)「訂正しようか?」って言われて、もう世に出ちゃってたから「別にもう大丈夫です」って言ったんだけど。実は私じゃないんだよね(笑)

松田:これ、結構衝撃的ですね。