日本の7つのアニメスタジオが『スター・ウォーズ』を描く夢のプロジェクト『スター・ウォーズ:ビジョンズ』が9月22日から、Disney+ (ディズニープラス)で配信開始となります。

『スター・ウォーズ:ビジョンズ』は、黒澤明監督の映画や、日本の神話や古典などにも影響を受けたとされる『スター・ウォーズ』の世界を、インスピレーションの源となった日本の現代クリエイターによって新たな物語を紡ぐプロジェクト。日本アニメを代表する7つのスタジオがそれぞれ自由な発想で『スター・ウォーズ』の物語を生み出しています。

ここでは、このビッグプロジェクトに参画したスタジオをご紹介。いずれも独自のスタイルを持つ個性的なスタジオばかりで、あなたのお気に入りもきっと見つかるはずです。

【神風動画】
「妥協は死」を社訓とするこだわりのプロ集団で、独特のセルルックシェーディングを用いた、コミックテイストな3DCG作品を得意としています。3DCGによる表現を主体としていますが、それだけにとどまらず、幅広い手法で作品を制作しており、複数の手法を使い分けた『ポプテピピック』を手掛けたことで一躍話題となりました。代表的な作品に『ジョジョの奇妙な冒険』のオープニングアニメーション、『ニンジャバットマン』など。

『The Duel』
監督:水崎淳平(総監督)
出演:てらそままさき、渡辺明乃、三瓶由布子

【キネマシトラス】
「100年残る、時代が変わっても変わらない価値観が入っているフィルムを産み出す」ことを理念に掲げて2008年に設立され、翌年

この記事の画像

「日本のアニメスタジオが「スター・ウォーズ」に挑む! 夢の大型企画に挑戦する7つのスタジオの特徴を総ざらい」の画像1 「日本のアニメスタジオが「スター・ウォーズ」に挑む! 夢の大型企画に挑戦する7つのスタジオの特徴を総ざらい」の画像2 「日本のアニメスタジオが「スター・ウォーズ」に挑む! 夢の大型企画に挑戦する7つのスタジオの特徴を総ざらい」の画像3 「日本のアニメスタジオが「スター・ウォーズ」に挑む! 夢の大型企画に挑戦する7つのスタジオの特徴を総ざらい」の画像4
「日本のアニメスタジオが「スター・ウォーズ」に挑む! 夢の大型企画に挑戦する7つのスタジオの特徴を総ざらい」の画像5