アニメ『名探偵コナン ゼロの日常』が4月より放送スタート。公安・探偵・黒ずくめの組織と3つの顔(トリプルフェイス)を持つ男・安室透(CV.古谷徹)の誰も知らない日常を映し出す本作。本編でも絶大なる人気を誇る彼の姿が十二分に詰まった映像に、ファンからは毎話喜びの声が上がっています。

今回、作品を手掛ける小坂知監督、プロデューサーの寺島氏より、本作の制作に関するお話を伺いました。

■「安室透」の日常は“存在する”

――本作は、マンガが原作となっていますが、マンガでは描かれていない、確認できない所作が丁寧に描かれており感動しました。また、本編でも描かれないであろう日常のふとしたシーンもあり、ファンは新たな「安室透」を見ている感覚もあると思います。制作陣はどのようにイメージを広げているのでしょうか?

小坂監督マンガでは描かれていないように見えても、安室の物事を行う順序や動きの導線は確実に存在します。例えばお茶を飲むにはお湯を沸かすし、お湯を沸かすにはキッチンに行くし。アニメとはいえ、安室透は生きてこの物語にいると考えると、自然に動きも作られるし描いていけます。

寺島“日常”がテーマとなっている本作ですので、端折ってしまいがちな所作・ふるまいなどが細やかに描写いただけたなと思ってます。そのあたりが視聴者の皆様へも伝わっていると嬉しいですね。

――穏やかな表情も多いですし、ファンの方からは「安室さんかわいい」というコメントも見受けられます。

この記事の画像

「“安室透”は生きてこの物語にいる―― アニメ「ゼロの日常」監督&プロデューサーインタビュー」の画像1 「“安室透”は生きてこの物語にいる―― アニメ「ゼロの日常」監督&プロデューサーインタビュー」の画像2 「“安室透”は生きてこの物語にいる―― アニメ「ゼロの日常」監督&プロデューサーインタビュー」の画像3 「“安室透”は生きてこの物語にいる―― アニメ「ゼロの日常」監督&プロデューサーインタビュー」の画像4
「“安室透”は生きてこの物語にいる―― アニメ「ゼロの日常」監督&プロデューサーインタビュー」の画像5