マンガ『ONE PIECE(ワンピース)』を原作とするNetflixシリーズ実写版のシーズン2が始動する。このたび、続編で“麦わらの一味”の前に立ちはだかることになる、原作でも人気の秘密犯罪結社・バロックワークスのメンバーを演じる新キャストが公開された。


「週刊少年ジャンプ」で尾田栄一郎が連載中の『ワンピース』は、日本を代表する世界的な人気を誇る海洋冒険ロマンだ。伝説の海賊王ゴールド・ロジャーが残した“ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)”を巡り、モンキー・D・ルフィ率いる海賊“麦わらの一味”が大海原へと繰り出す壮大な物語を描く。Netflixシリーズ実写版は、シーズン1が配信直後に世界93ヶ国でTOP10入りを果たし、46ヶ国でTOP1を獲得するなど旋風を巻き起こした。

このたび始動するシーズン2では、常識を超えた冒険の海“偉大なる航路(グランドライン)”での航海が描かれることになる。その続編で“麦わらの一味”の前に立ちはだかることになる、原作でも人気の秘密犯罪結社・バロックワークスのメンバーを演じる新キャストが明らかになった。

Mr.9はドラマ『レイズド・バイ・ウルヴス/神なき惑星』などの新星ダニエル・ラスカー、Mr.5はドラマ『BATWOMAN/バットウーマン』で知られるキャムラス・ジョンソンがそれぞれ演じる。
またミス・バレンタインには、ドラマ『ウォリアー』などで存在感を放つジャザラ・ジャスリンが扮する。

さらにMr.3には、『アントマン』シリーズ3作品や『ブレードランナー 2049』、『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』、『DUNE/デューン 砂の惑星』、『オッペンハイマー』などハリウッド超大作に次々と出演する実力者デヴィッド・ダストマルチャンが配された。

世界中を熱狂の渦に包んだシーズン1では、ルフィの故郷・東の海(イーストブルー)を舞台に、バギーやアーロンといった荒くれ者の海賊たちとの壮絶なバトル、そして“麦わらの一味”が冒険へ繰り出す原点が描かれた。ついに海賊の勲章とも言える賞金首になったルフィと仲間たちはそれぞれの夢を掲げ、偉大なる航路(グランドライン)に一歩踏み出した。

このたび発表されたキャラクターははたしてどのような形で登場するのか。その全貌は未だ謎に包まれているが、世界各国から新たに集結した俳優陣が“麦わらの一味”のキャスト陣とともに紡ぐ、波乱と冒険に満ちたストーリーに期待が高まるばかりだ。


Netflixシリーズ実写版『ONE PIECE』は、シーズン1が独占配信中で、シーズン2は近日独占配信となる。今後のさらなる続報を楽しみに待ちたい。

Netflixシリーズ『ONE PIECE』
シーズン1:独占配信中、シーズン2:近日独占配信
共同ショーランナー/脚本家/製作総指揮:マット・オーウェンズ&ジョー・トラッツ
エグゼクティブ・プロデューサー:尾田栄一郎、マーティ・アデルスタイン、ベッキー・クレメンツ(トゥモロー・スタジオ)、藤村哲哉、クリス・シムズ、スティーヴン・マエダ
出演:モンキー・D・ルフィ役:イニャキ・ゴドイ、ロロノア・ゾロ役:新田真剣佑、ナミ役:エミリー・ラッド、ウソップ役:ジェイコブ・ロメロ、サンジ役:タズ・スカイラー
(C)尾田栄一郎/集英社