タブレット端末市場が回復の兆し、Win7サポート終了が後押し

タブレット端末市場が回復の兆し、Win7サポート終了が後押し
 タブレット端末市場は2018年10月を底に回復へと転じ、19年2月以降は前年を上回る売れ行きとなっていることが、家電量販店・ネットショップの実売データを集計する「BCNランキング」から明らかになった。特に6月、7月はタブレット端末だけでなく、ノートPC、デスクトップPCも伸び率(前年同月比)はプラスで推移しており、Windows 7のサポート終了に伴う需要増が顕在化している。

 16年7月の販売台数を「100.0」としたタブレット端末の台数指数を算出したところ、新年度を控えた3月、ボーナス商戦の7月、12月に売れ行きが高まる季節変動がみえてくる(図1)。しかし、起点とした16年7月から18年10月のほぼ2年にわたり、指数は上下動を繰り返しつつ基調としては緩やかな右肩下がりで推移。市場は停滞感を強めていった。ところが、18年冬を前後して家電量販にも電子決済普及に向けてのキャンペーンが展開されたことで市況は好転。その後、反動減ともとれる落ち込みはあったものの、19年3月末に第5世代iPad miniが約3年半ぶりに発売となったことで、需要増が続いている。
 もう一つ、市況が好転した要因として、Windows 7のサポート終了に伴う買い替え需要が見逃せない。6月のWindowsアップデートに伴う、Windows 7サポート終了の通知ポップアップが表示されるようになるとPCの売れ行きは増大しており、同様にタブレット端末にも好影響が現われた。そこで、PCの代替として利用されるタブレット端末は、どの画面サイズであるか調べてみた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

BCN+Rの記事をもっと見る 2019年8月24日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ノートPC」のニュース

次に読みたい関連記事「ノートPC」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。