静岡県・川勝知事、静岡市“廃止”へ本気…市長選で77歳の元市長擁立、現職排除へ 

 今春、4年に一度の統一地方選挙が施行される。7月には6年に一度の参議院選が行われるため、統一地方選はその前哨戦と位置付けられており、その結果次第で参院選も大きく左右されかねない。

 自民党は国政において盤石の体制を築いているが、アベノミクスの恩恵が波及していない地方では、安倍政権への不信感は強まり、不満も抑えきれないほど高まっている。そうした兆候は、すでに選挙戦でも表面化しつつある。統一地方選の緒戦ともいえる山梨県知事選は、二階俊博幹事長が推した長崎幸太郎候補が当選した。しかし、この選挙では自民党県連と自民党本部が異なる候補を支援したため、勝利したとはいえ党内に禍根が残った。同様に福井県知事選、島根県知事選や福岡県知事選などでも自民党が分裂している。

 そんな保守分裂の選挙が続くなか、注目されている選挙がある。それが、政令指定都市であり静岡県の県庁所在地でもある静岡市の市長選だ。現職の田辺信宏氏は3期目を目指して、早くから出馬を表明していた。一時期、静岡県の副知事が対抗馬として擁立される動きもあったが、頓挫。そのため、実質的に田辺市長の不戦勝との見方が漂っていた。

 しかし、ここにきて過去に市長を務めた天野進吾県議が出馬を表明。静岡市長選が風雲急を告げている。かねてより、静岡市の田辺市長は川勝平太県知事とソリが合わず、何においても対立していた。それゆえに天野県議が市長選に立候補したのは、川勝知事が仕掛けた代理戦争との見方が強い。

 約365万の人口を擁する静岡県には、2つの政令指定都市がある。政令指定都市は県と同等の権限を有する。そのため、県知事と静岡市長・浜松市長はほぼ対等の立場にあるといえる。川勝知事が静岡市や浜松市に指示を出すことは容易ではなく、県知事としては歯がゆい思いをすることもある。川勝県知事にとって、両市は目の上のタンコブといえる。

「川勝知事は、浜松市に本部を置いていた静岡芸術大学の学長を務めていた過去があります。それだけに、浜松市はホームグラウンド。だから、政令指定都市といっても、それほど気にならないのでしょう。一方、静岡市は違います。単なる邪魔者としか映っていません。しかも、静岡市には県庁がありますから、ことさら煙たく感じるのでしょう」(静岡県職員)

●静岡県都構想

 こうした県と市の対立は、2010年頃に世間から二重行政と批判されるようになった。それは、大阪府と大阪市の対立が耳目にのぼるようになったことが発端だ。

 大阪府の橋下徹知事(当時)は、大阪府の指示に従わない大阪市の態度に業を煮やし、大阪市を廃止する大阪都構想を提唱。都構想を実現するために府知事の職を辞して、市長選に出馬するという奇襲に打って出た。11年の大阪W選で、橋下氏は邪魔者だった現職の平松邦夫市長に勝利し、さらに府知事に盟友の松井一郎氏が当選。松井・橋下というW維新体制を確立させた。この選挙により、都構想は実現に一歩近づく。

 その後の住民投票で都構想は僅差で否決されたものの、いまだW維新体制は継続中。維新陣営は再挑戦を訴え、現在も都構想を進めている。

 一方、静岡県では川勝知事が静岡県と静岡市を合併する静岡県都構想を掲げている。静岡県都構想は、いうまでもなく大阪の都構想をベースにしている。静岡県都構想は静岡県と静岡市とが合併することで二重行政の廃止を掲げる。そこには静岡県と静岡市との権限争いに終止符を打とうとする目的も内包している。

 大阪と静岡が大きく異なるのは、市民のスタンスだ。住民投票で否決されたとはいえ、大阪では都構想に有権者の半数近くが支持を表明した。対して、静岡県都構想は地元財界や市民からの反対が根強い。そこには田辺市長が地元・静岡市の出身であるのに対して、川勝知事が静岡県の出身ではない外様であることも一因とされる。

 しかし、田辺市長を支持し、静岡市を廃止する静岡県都構想に嫌悪感を示すのは、そうした部分だけが理由ではない。「静岡市を廃止する」という川勝知事の構想そのものに反発を覚えていること、川勝県知事のスタンスが県都・静岡市を軽視しているという印象を市民から抱かれていることだ。

「静岡市を邪魔な存在と見る川勝知事にとって、静岡市の田辺市長は不倶戴天の敵。それだけに静岡市長選に対立候補を立てて、なんとか落選させたい。本音を言えば、自分の子飼いだった副知事を擁立したかったところでしょう。それはともかく、田辺市長を相手に不戦敗は避けたい。田辺市長を引きずり落ろし、なんとしても静岡県都構想を実現させたい。77歳という高齢の天野元市長を担ぎ出した背景には、そうした気持ちが強く表れているように感じます」(地元紙記者)

 今回の静岡市長選、当然ながら川勝知事は天野候補の支援に回った。この選挙は静岡県と静岡市の合併、いわゆる静岡県都構想の趨勢を占うことにもなる。そして、その静岡市長選でも自民党は分裂状態にある。
(文=小川裕夫/フリーランスライター)

あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2019年3月6日の社会記事
「静岡県・川勝知事、静岡市“廃止”へ本気…市長選で77歳の元市長擁立、現職排除へ 」の みんなの反応 1
  • 税金の節約政策を進展させよ 通報

    税金の節約とは何か?それは都道府県市町村の合併政策である。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。