『KINGDOM』1次対戦終了で驚きの展開に! 出演者&評論家投票によりランキング変動

『KINGDOM』1次対戦終了で驚きの展開に! 出演者&評論家投票によりランキング変動
拡大する(全1枚)
Stray Kidsのパフォーマンス

 韓国の大手芸能プロダクション所属の人気グループ6組が真剣勝負を繰り広げる『KINGDOM:LEGENDARY WAR』の第3話が4月15日(木)にABEMA独占で日韓同時配信された。韓国を代表するトップアーティストの東方神起をMCに迎え、人気と実力を兼ね備えたボーイズグループが王座をかけ、熾烈(しれつ)なパフォーマンス対決をする本番組。1次対戦の後半グループの楽曲披露ならびに出演者&評論家による投票結果も発表され、驚きの展開を迎えた。(文=赤山恭子) ※本記事はネタバレを含みます。ご注意ください

■前回までのおさらい

 『KINGDOM:LEGENDARY WAR』は、6組のボーイズグループ(BTOB、iKON、SF9、Stray Kids、ATEEZ、THE BOYZ)が、K‐POP界の王座をかけてパフォーマンスで対決する番組。1次、2次、3次、生放送のファイナルの対戦まで、トータル4回戦が行われ、累積点数最多だったグループが最終的に1位に輝くというルールだ。パフォーマンスの採点については、出演者独自の評価が25%、専門家評価が25%、ファンが参加できるグローバル評価が40%、映像の再生回数が10%となっている。

 1次対戦のテーマは、「TO THE WORLD(トゥー・ザ・ワールド)」。各グループは自分たちの楽曲で、世界に披露したい曲や伝えたいメッセージなどテーマを反映したパフォーマンスするという内容だ。前回はTHE BOYZ、iKON、BTOBが順番に披露。熱のこもったステージに士気が高まると同時に、緊張感が出演者を包んだ。

■Stray Kidsは2曲をミックスして披露

 4番手となったのは、1次対戦の順番を決め、さらには初回の対面式パフォーマンスで1位を奪取したStray Kids。曲決めでは「1位だけあるね、と言われるように頑張らないと」と気合い十分に「Side Effects」と「神メニュー」をミックスするアイデアで固める。「Side Effects」にダークな編曲を施し、メンバーは表現力を高めるためレッスン場に集まり、演技の練習をすることに。

 ベルを持つ印象的なパートを任されたフィリックスは、真剣にベルを鳴らすものの、メンバーに「狂った人みたいに笑ってもいいと思う!」「あざ笑う感じでやってみて」と多くをリクエストされ、やってみるもなかなか思い通りにいかず四苦八苦。

 そこにStray Kidsの先輩、2PMのウヨンが差し入れを持って登場し、彼らの悩みを聞くことに。後輩をリラックスさせるため、冗談交じりに話すウヨンだったが、「練習は一生懸命やって、ステージに行ったら、”全部知っている、間違ってもかまわない"という自信を持って(パフォーマンス)しないといけない」と温かいアドバイスを送り、メンバーも「心の荷物をおろしてくれた」と感謝しきりだった。

 本番では、パフォーマーたちが大きな白い布に覆われながら横たわる状態からスタート。一気に世界観に引き込むステージングに、見ていたほかのグループも「これは何なの?」「ミュージックビデオみたい!」と興奮。その後も幻想的な演出は続き、それぞれの力強いパフォーマンスをカメラがなめるように捉えていく。奇抜な構成にも注目が集まり、課題の4分間があっという間に終わる。「本当にステージのコンセプトがしっかりしてる!」「2曲をパフォーマンスするのは難しいのに、上下でくっついたパフォーマンスとか、ダンサーと息の合ったものもあって、集中力がすごかった」と、讃辞が送られていた。

■海賊風の演出で魅せ切ったATEEZ

 続く5番手は、ATEEZが指名された。対面式パフォーマンスで5位につけられた悔しさをばねに、ホンジュンはひとり作業室で物思いにふける。コンセプトに合った曲「WONDERLAND」を披露することは決まったのだが、アレンジで「クラシックなナンバーを使いたい」と、さまざまな曲を当て込む様子が映し出された。その後メンバーと話し合い、ドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」が合うのではと盛り上がり編曲の方向性が決まると、全員が笑顔に。また映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』にインスパイアされ、海賊風の演出も付け加えられた。

 ATEEZはカムバック中(音楽活動)ということもあり、ハードなスケジュールが続き、音楽番組のステージが終わった夜から『KINGDOM:LEGENDARY WAR』のリハーサルに臨む場面も。メンバーは口々に、「かなり多くの刺激を受けたことを、見せたいと思う」「見れば、死ぬ気で臨んでいることがわかると思います」「本当に上にのぼりたい。覚悟を持って臨んでいる」と身を粉にしていた。

 いざステージを披露する段になると、「WONDERLAND」を下敷きに、「新世界より」の大胆アレンジが加えられた楽曲が流れ、海賊の衣装を身につけたメンバーが登場。ほかのメンバーも「映画じゃん!」と緻密に計算された世界観に色めき立ち、巨大なタコが登場するくだりには「ちょっと待って、まじですごいよ…」「自分たちが似合うステージをちゃんと見せてくれているね」とアイデアに脱帽していた。パフォーマンスを終えたメンバーらも笑顔を見せ、「ステージが終わったときに感じたフィーリングが、すごくよかった、満足できました!」と手応えを感じていた。

■SF9のパフォーマンスと6組の結果は?

 ラストの登場となったのは、SF9。これまで5組の強烈なパフォーマンスを見せられ、圧倒された表情も見せていたが、本番前の楽屋でメンバー全員が気合いを入れ直す。すると、隣の楽屋からiKON"先輩"が、「SF9ファイト!」と気合いの応援を送った。SF9メンバーはパッと笑顔を広げ、iKONの「KILLING ME」を即興で歌い、お礼返し。熱いやり取りが見られるのも、『KINGDOM:LEGENDARY WAR』ならではだろう。

 SF9が選んだ曲は「Now or Never」。見せ場の1つは、ジェユンが人をつたって飛んでいく激しいアクションだ。練習風景が流されると、何回も飛ぶリハーサルをしたために、足を痛めたジェユンの姿が。メンバーは「無理しないで」と声をかけたが、ジェユンは「思いっきりやりたいけど、思い通りにいかない。ストレスでつらいけど、やったほうがいいかなと思います。もしキレイに映らなかったり、ミスするシーンが出てしまうとメンバーに申し訳ない」と責任感強く、やり遂げることを決意していた。

 いざ本番になると、SF9の特徴であるセクシーさを生かした、鏡を用いた演出が繰り広げられた。肝心のジェユンのパフォーマンスも成功し、幅のある演技を披露。見ていたほかのグループは「鳥肌が立った」「セクシーだね」「ステージの活用がすごくよかった」と語り合っていた。

 番組の最後には、出演者独自の評価と専門家評価が発表され、順位は1位がATEEZ、2位がStray Kids、3位がTHE BOYZ、4位がBTOB、5位がiKON、6位がSF9となった。次週は総合結果が発表され、2次対戦も始まる。それぞれの強み、弱みも出てきたがステージにどう活かすのか、期待が募る。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

クランクイン!トレンドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク