なにわ男子の道枝駿佑が主演を務めるドラマ『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の第6話が今夜5日に放送。一(道枝)が殺人容疑をかけられ、見えない敵と戦っていく。

【写真】『金田一少年の事件簿』第6話 「金田一少年の殺人」

 『金田一少年の事件簿』は、1995年の初放送から幅広い世代の支持を得てシリーズを積み重ねてきた謎解きミステリードラマ。およそ8年ぶりとなる新シリーズは、日本ならではの呪いや怪談を題材にしたミステリーを現代の視点で再構築。シリーズ史上最大のスケールで贈る“金田一少年”の決定版といえる内容となっている。

■第6話あらすじ

 有名ノンフィクション作家の橘(勝矢)のパーティーで、隠してある新作原稿のありかを導く暗号問題が出された。原稿には、とある出席者の犯罪が実名で暴かれているといい、手に入れられれば大ヒット間違いないと、パーティーの参加者達(渡辺大・戸塚祥太・山西惇・宮澤エマ・今井隆文・ゆきぽよ)は必死になる。

 そんな中、一はゲストのグラビアアイドル、桂木優里奈(ゆきぽよ)が、酒に酔った橘に絡まれているのを助ける。しかし、橘は一に激怒。謝罪に向かった一の帰りが遅いのを心配して、後を追った佐木(岩崎大昇)達が目にしたのは、なんと橘の死体の横で、血の付いた凶器を手に佇む一の姿だった。

 無罪を主張する一だったが、参加者に追い詰められ警察が駆け付けた時、一はすでに姿を消していた。「容疑者の少年は金田一一17歳!」追い詰める警察の包囲網が固まり、一の逃走劇が始まった。

 暗号の答えを探るべく参加者の元を訪れる一。しかしその先々で彼らは殺される。被せられた罪がどんどん重くなる一は、姿の見えない敵と戦っていく。

 日曜ドラマ『金田一少年の事件簿』は、日本テレビ系にて毎週日曜22時30分放送。