女優の望海風斗平原綾香が24日、都内で開催された『ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル』囲み取材に出席。当日は映画版を手掛けたバズ・ラーマン監督がサプライズで登場する一幕があり、前日に本作を鑑賞したというラーマン監督は「一番感動した舞台」と絶賛した。



【写真】望海風斗&平原綾香“ダブルサティーン”に挟まれるバズ・ラーマン監督

 本作は1899年のパリを舞台に、激しい恋に落ちたアメリカ人作家クリスチャンと、ナイトクラブ「ムーラン・ルージュ」の花形であるサティーンが織りなす物語を描く。この日は共演する井上芳雄、甲斐翔真、橋本さとし松村雄基、伊礼彼方、Kも出席していた。

 Wキャストでサティーンを演じる望海は「素晴らしい世界観に皆さんを早くお連れしたいなっていう気持ちは、お稽古の最初の方からあったので。いよいよその日が来るんだなってすごく楽しみにしています」とコメント。同じくサティーンを演じる平原は「見終わった後に『愛している』という言葉が、きっと皆さんの心に残るんじゃないかなと思っています。泣けて笑えて、最後本当にハッピーになる素晴らしい作品」と作品の魅力を語った。


 きらびやかな衣装に話が及ぶと、望海は父親からの反応として「『2階席じゃないと見れない』って」と明かし、元宝塚歌劇団雪組トップスターとして長年男性役を演じていたことに絡めて「息子が急に娘になったみたいな」と笑顔。その後、来日中のバズ・ラーマン監督がサプライズで登場し、キャストは驚きの表情を見せながらラーマン監督と言葉を交わしていた。

 ラーマン監督は、平原がサティーンを演じたバージョンを鑑賞したそうで「日本語はもちろんわからないが、見ていて本当に素晴らしい訳だったのではないかとまず思った。ユーモアは、もちろん全ては伝わらないが、少しは伝わってきたし、また最後の悲劇的な場面、あれがとっても感動的で。たぶん私が見た中で一番感動した舞台だったと思う」と絶賛。また「昨日も素晴らしいショーを見せていただいたが、今日は風斗さん、もう1組のキャストで見れるので、とっても楽しみ」と望海が演じるバージョンにも期待を寄せていた。


 『ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル』は6月24日にプレビュー公演オープン、6月29日に本初日が開幕。