ディズニーの実写ミュージカル映画『リトル・マーメイド』が、本日9月20日から、ディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」で見放題独占配信される。

【写真】映画『リトル・マーメイド』、人間の世界に憧れるアリエルの姿

 本作は、1991年に公開(米国では1989年公開)され、後に『美女と野獣』『アラジン』の誕生へ続くきっかけとなったディズニー・アニメーションの金字塔『リトル・マーメイド』を実写化したミュージカル映画。

主人公アリエルをハリー・ベイリーが演じる。

 6月9日に日本で待望の初日を迎えると、初登場第1位の大ヒットスタートを記録。さらに、洋画・邦画含め実写映画の3週連続1位を獲得し、日本中で大ヒットしたあの『トップガン マーヴェリック』(2022)以来の快挙を達成。9月13日までに興行収入34億円、観客動員数234万人という大ヒットを記録した。

 そして、アリエルが巻き起こす“リトル・マーメイド旋風”は勢力を保ったまま、「ディズニープラス」で見放題独占配信が決定。配信開始を記念して、美しい歌声と引き換えに、憧れの世界へと飛び出していくアリエルの姿を描いたポスタービジュアルが解禁された。


 さらに「ディズニープラス」では、劇場公開時には本編に含まれなかったトリトン王の歌「Impossible Child」が含まれる特別バージョンを配信。また韓国版では、韓国の人気グループ・NewJeansのダニエルが務めるアリエルを視聴できるのも注目ポイントだ。

 『リトル・マーメイド』は、本日9月20日から「ディズニープラス」で見放題独占配信開始。