ブリー・ラーソンが主演するマーベル・スタジオの劇場公開最新作『マーベルズ』より、キャプテン・マーベルの誕生と活躍、そして彼女を恨み、彼女の愛する地球、ヒーロー、さまざまな惑星の全てを滅ぼそうともくろむ謎の敵ダー・ベンがフィーチャーされた、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)史上最大の脅威が迫る特別映像が解禁された。

【動画】ダー・ベンの狙いはキャプテン・マーベルの「愛するもの全て」!? 『マーベルズ』特別映像

 本作の主人公は、「エンドゲーム」でサノスを相手に規格外のパワーで圧倒的な活躍を見せつけた、アベンジャーズ最強のヒーロー、キャプテン・マーベルことキャロル・ダンヴァース(ブリー・ラーソン)。



 解禁された映像は、前作『キャプテン・マーベル』(2019)で記憶を失った地球人“キャロル・ダンヴァース”がアベンジャーズ最強ヒーロー、キャプテン・マーベルへ覚醒した瞬間や、「エンドゲーム」でソーの威嚇にも眉一つ動かさず「サノスを殺す」と宣言し、映画史に名を刻む最凶最悪の敵サノスを相手に規格外の戦闘能力を見せるシーンからスタート。改めて彼女が“アベンジャーズ最強”であることを痛感させられる映像だ。

 しかし本作では、そんなキャプテン・マーベルさえも苦戦する謎の敵ダー・ベンが襲来。地球のみならずさまざまな惑星を守ってきた“ヒーロー”のキャプテン・マーベルを“破壊者”と呼ぶほどに憎み、地球を含む彼女が守ってきた惑星すべてを滅亡させようという壮大で恐ろしい計画をもくろむ。

 「お前は全てを奪った。今こそ償ってもらう!」とまがまがしく強大なパワーをさく裂させ、キャプテン・マーベルへ容赦なく襲いかかるダー・ベンは、映像の中でもキャプテン・マーベルと互角に戦い、さらには彼女をたたきつけ、力で圧倒さえする驚きのシーンも…。
キャプテン・マーベルも「狙いは私の愛するもの全て」と意味深に語っており、強い因縁を感じさせるが、果たして2人の間にはどんな過去が隠されているのか―?

 過去最大級の危機が迫る中、キャプテン・マーベルと、アベンジャーズオタクの高校生ヒーロー、ミズ・マーベル、そしてキャプテン・マーベルを家族のように慕う敏腕エージェント、モニカ・ランボーの3人が入れ替わる謎の現象が発生。これまでひとりで戦ってきたキャプテン・マーベルは彼女らとチームを結成し、新たな強さに目覚めていく―。これまで1人で活動している時間が長かったキャプテン・マーベル。アベンジャーズの面々から、度々チームプレーができていないことにやんわりと苦言を呈されていた”アベンジャーズ最強のヒーロー”は、本当にチームワーク抜群のチームを結成できるのか?

 映画『マーベルズ』は、11月10日より全国公開。