ディズニー100周年記念作品となるディズニー・アニメーション映画『ウィッシュ』が12月15日から劇場公開される。本作の主人公は、“願い”をかなえるために突き進む新ヒロインのアーシャ。

本作の製作指揮・脚本を担当し、現在ウォルト・ディズニー・アニメーションをCCO(チーフ・クリエイティブ・オフィサー)として率いているジェニファー・リーによると、アーシャは、現代人が共感できるリアリティーのある葛藤を抱えるキャラクターになっているという。

【写真】かわいいキャラクター“スター”も気になる! 『ウィッシュ』場面写真

 日本でも社会現象を巻き起こした『アナと雪の女王』のスタッフ陣が手掛けた本作は、ディズニーが長年にわたり描き続けてきた“願い”の力を真正面から描くドラマティック・ミュージカル。

 ウォルト・ディズニー製作の記念すべき第1作目『白雪姫』の白雪姫から始まり、『シンデレラ』のシンデレラ、『リトル・マーメイド』のアリエル、『アナと雪の女王』のアナやエルサと、ディズニー・アニメーションのヒロインたちはその時代を切り取るような女性像が反映されており、自分の“願い”や“夢”を持ち、やがて自らそれをかなえるために行動しながら、自分らしく生きる道を自ら選んで歩んできたが、本作のアーシャは、これまでのディズニーのヒロインとは違ったキャラクターになるという。

 アーシャは、どんな願いもかなう魔法の王国“ロサス”で暮らす17歳の少女。彼女が願うのは「100歳になる祖父の願いがかなうこと」で、自分の幸せではなく、家族の幸せを心から願っている。しかし、彼女は、ある出来事をきっかけに、国民全ての“願い”が魔法を操る王様マグニフィコ王に支配されているという衝撃の真実を知ることに…。
みんなの願いを取り戻すべく、アーシャは立ち上がる。

 本作の製作指揮・脚本を担当するリーは、より人々の指示を集めるキャラクターは、現代に生きる人々と同じように、正直で弱い部分も持っていると指摘。「共感を覚えるために自分自身が映画に完全に反映されている必要はありませんが、そこにある葛藤がリアルだと感じられることは大事です。現実の世界で体験するものと同じだと思えないと。」とキャラクターが持つ悩みや、葛藤が今を生きる人々の思いにシンクロすることが大切なのだと話す。

 またアーシャのキャラクターは、「彼女は、私たちがみんな経験してきたことを同じように経験していきます」とズバリ。「彼女は、世の中を見渡して、これは間違っていると気づくのです。
その後、どう生きるのでしょう?その世界で、あなたはどういう人間になっていくのでしょう?あなた自身にも責任はあるのです。それは、現実の社会で私たちが直面することなんです」と現代で人々が抱える思いに通じる心情を持ち合わせているという。

 さらに「アーシャは成功もしますが、ミスも起こします」と完璧なヒロインではないことも吐露。「間違ってもいいんですよ。願いをかなえるためには努力をしないといけません。大変なのです。
でも、彼女にはできます。私にもできるはず。そういう細かな部分を描くことで、この現代に生きている人々が体験するような経験を映画を通して(観客に)伝えることができるのです。」とコメントした。アーシャが抱える悩みや葛藤そして、彼女がこの物語を通して経験し成長する姿に注目だ。

 アニメ映画『ウィッシュ』は、12月15日より全国公開。