Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演を務める7月5日スタートのドラマ『ビリオン×スクール』(フジテレビ系/毎週金曜21時)より山田と木南晴夏が映し出された本作のポスタービジュアルが解禁された。主題歌はAdoの新曲「ルル」に決定し、Adoからコメントが到着した。

Adoがフジテレビ制作ドラマの主題歌を担当するのは初。

【写真】Adoが初めてフジ制作ドラマの主題歌を担当! 「決めつけられた正しさを壊したいという反骨精神を描いたエネルギッシュな楽曲に」

 本作は、日本一の財閥系企業のトップであり“億万長者=ビリオネア”の主人公が、身分を隠して学校の教師となり、さまざまな問題に直面しながらも生徒とともに成長していく姿を描く学園コメディー。

 私立絵都学園で「やる気ゼロ、才能ゼロ、将来性ゼロ」の生徒が集められた3年0組に新しい担任がやってくる。通称“ゼロ組”と呼ばれ、バカにされてきた底辺クラスに赴任してきたのは、容姿端麗だが、どこかクセのある教師・加賀美零(山田)。学校の常識が全く通用しない、資産も行動力も“ケタ外れ”なこの教師。その正体はなんと、日本を代表する財閥系グループを継いだCEOで、まさかの“億万長者=ビリオネア”だった。
「このAI時代に、教師は必要か?」と嘆かれる昨今、そんな常識をぶち壊す、ニューヒーロー=“新しい学校のリーダー”が現れる。

 主題歌となるAdoの新曲「ルル」は、ボカロP・MARETUによる提供曲で、矛盾だらけの世の中のルールに反旗をひるがえすという内容の楽曲になっている。肉厚でハードなメロディーに、多重人格的にギアチェンジするAdoの歌唱が重なり、“常識をブッ壊す”というドラマの世界観にマッチした主題歌となっている。なお、『ルル』はドラマの初回放送終わりである7月5日22時15分配信開始に音源配信することも決定した。

 Adoは「この度『ビリオン×スクール』の主題歌を担当させていただくことになりました。主題歌の『ルル』は、MARETUさんに楽曲提供していただきました。
すごく激しい楽曲で、聞くのにも体力が必要な新しいテイストになっています」とコメント。そして「決めつけられた正しさを壊したいという反骨精神を描いたエネルギッシュな楽曲になりました。ドラマはもちろん、主題歌もご一緒にお楽しみいただけるとうれしいです」とメッセージを送った。

 また、本作の劇中音楽を『SPY×FAMILY』や『ワンパンマン』などの人気作を多数手掛ける宮崎誠が担当。ロック、ポップス、オーケストレーション等さまざまなジャンルの楽曲を精力的に手掛け、流行を押さえたサウンドで幅広く対応しその実力を遺憾なく発揮。類いまれなる才能を存分に披露し、乗りに乗った宮崎が『ビリオン×スクール』の世界観にぴったりな音楽を完成させた。


 そして、圧倒的な存在感を誇る加賀美と、それを秘書として支える芹沢(木南)を表したポスタービジュアルも完成。これまでにない新しいタイプのヒーローとなる教師像を表現するため、“フィクションの枠すらはみ出してしまう”というコンセプトのもと、実写とコミックを融合させたビジュアルに。漫画のコマから飛び出てきたような勢いで強い視線を向ける加賀美と芹沢を表現し、漫画部分には学園で今後起こるだろう数々のドラマ展開を予感させるビジュアルとなっている。

 ドラマ『ビリオン×スクール』は、フジテレビ系にて7月5日より毎週金曜21時放送(初回15分拡大)。

 プロデュース・江花松樹のコメント全文は以下の通り。

<コメント全文>

■プロデュース:江花松樹(フジテレビドラマ・映画制作部)

 最高です。
シビれました。“マジで?Ado!?”みたいな。世の中の矛盾だらけの“腐ったルール”を劇中の加賀美のごとくブッ壊す、暴れ馬のような最高の曲です。

 抑圧された願望を解放する、Adoさんの力強い歌声に、きっと背中を押されるはず。学校で暴れ散らかす、加賀美&芹沢の活躍と重ねてお聞きください。あわせて劇伴も最高にクールなものができました! 主題歌とポスタービジュアルのごとく、ドラマの枠組みをはみ出し、大暴れするドラマを目指します。
オンエアまで、“何が起こるかわからない”のが『ビリオン×スクール』。金曜よる9時のチャイムで、ぜひともリアルタイムでテレビの前にご着席下さい!!