トム・クランシー「ジャック・ライアン」シリーズ、テレビドラマ企画が進行中

トム・クランシー「ジャック・ライアン」シリーズ、テレビドラマ企画が進行中
「ジャック・ライアン」シリーズのドラマ企画が浮上(※『パトリオット・ゲーム』(92)の場面写真)(C) AFLO
       
 映画化もされたトム・クランシー原作の小説『レッド・オクトーバーを追え』や『今そこにある危機』などに登場するCIA分析官ジャック・ライアンを主人公にしたドラマ企画が進められているそうだ。

【関連】トム・クランシー氏が関わった映画作品を写真で振り返る

 Deadlineによると、ヒット海外ドラマ『LOST』の製作総指揮を務めたカールトン・キューズと脚本家グラハム・ローランドが企画を進めているという。製作は映画『トランスフォーマー』シリーズのマイケル・ベイ監督の製作会社プラチナム・デューンズとスカイダンス・メディア、パラマウント・テレビジョン。放送局は未定だが、獲得競争がすでに始まっているらしい。

 ジャック・ライアンはこれまで、映画版『レッド・オクトーバーを追え!』(90)ではアレックス・ボールドウィン、『今そこにある危機』(94)、『愛国者のゲーム』の映画版『パトリオット・ゲーム』(92)ではハリソン・フォード、『トータル・フィアーズ』(02)ではベン・アフレックが演じた。

 ドラマ版では先の映画版のようにクランシーの特定の小説ではなく、クリス・パイン演じる若き日のジャック・ライアンを描いたリブート映画版『エージェント:ライアン』(14)のようにキャラクターに基づき、オリジナルストーリーを展開する予定とのこと。しかしドラマ版では駆け出しのライアンではなく、全盛期のライアンの活躍を描くという話らしい。

 様々な経歴を持ち、最終的には大統領にまでなるジャック・ライアン。映画ではこれまで4人の俳優がそれぞれのライアンを演じてきたが、ドラマ版ではどのように描かれるのか、キャスティングを含めた続報を待ちたいところだ。

あわせて読みたい

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年9月24日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。