川口春奈×林遣都、“肉食女子”と“ゲイ”役で初共演 『にがくてあまい』実写映画化

川口春奈×林遣都、“肉食女子”と“ゲイ”役で初共演 『にがくてあまい』実写映画化
大人気マンガ『にがくてあまい』川口春奈&林遣都で実写映画化(C)小林ユミヲ/マッグガーデン・にがくてあまい製作委員会
 小林ユミヲが描く大人気マンガ『にがくてあまい』が実写映画化されることが決定。男に恵まれない肉食独身女・マキ役として川口春奈、ゲイのベジタリアン料理男子・渚役として林遣都が初共演を果たす。

【関連】「川口春奈」フォトギャラリー

 原作は、WEBコミック「EDEN」での無料配信プレビュー数100万以上、コミック累計発行部数60万部突破を記録する大人のヒューマンラブコメディ。男に恵まれない女と、女に興味のない男…相容れない生き方をする男女が“ありのまま”でぶつかり合う風変わりな同居生活を描く。

 映画もコミック同様、イケメンとの同居生活で恋愛関係に発展するかもしれないというドキドキ感、そして林のBL的なシーンなど、大人の女子が胸キュンする見応えたっぷりなシーン満載でお届けする。

 川口は、自身の演じるマキについて「色々な顔を持っていて、色んな表情をし、ギャップのある愛されるキャラクターのマキを丁寧に、時にガサツに演じられたらいいなと思います!」とコメント。林は「ラブコメディという明るい観やすさの中に、愛や性、人生を食から学び考えさせられるこの漫画の素晴らしさを“映画”という形で皆さんに伝えられればと思います」と意気込みを語った。
 
 マキは、ひょんなことから出会ったイケメン料理男子・渚となぜか一緒に暮らすことなる。ぞんざいに扱われて衝突しながらも、マキは渚に恋をしている自分に気付く…しかし、渚はなんとゲイだった。それでも、大嫌いだったオーガニック野菜を使った渚の料理に癒されていくマキ。それぞれが抱える問題を解決していくうちに、お互いが“大切な人”へと変わっていく…。

 『にがくてあまい』は2016年公開予定。

あわせて読みたい

クランクイン!の記事をもっと見る 2015年10月10日の映画記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。