平手友梨奈、NHKドラマ初主演 『風の向こうへ駆け抜けろ』で女性騎手役挑戦
拡大する(全1枚)

 女優の平手友梨奈が主演を務める土曜ドラマ『風の向こうへ駆け抜けろ』が、NHK総合にて12月18、25日の各21時に放送されることが決まった。NHKドラマ初出演・初主演の平手は、女性騎手役に初挑戦する。

【写真】笑顔がかわいい! 平手友梨奈の写真特集

 古内一絵の同名小説をドラマ化する本作は、地方競馬を舞台に、新人女性騎手のひたむきな情熱が、人生を諦めていた人々の心に火をつけていく物語。居場所を無くした少女が一人の男と出会い、馬を愛し、騎手の夢を諦めず挑み続け、その愛が周りの人々を結びつけ、共に未来に駆け抜けていく。その風を、震災10年を迎える福島のが優しく見守る―。

 主演の平手のほか、中村蒼板垣李光人降谷建志奥野壮石井正則、高橋侃、剛力彩芽池内博之玉山鉄二小沢仁志大地康雄奥田瑛二らが共演する。脚本は大森寿美男。

 新人女性騎手、芦原瑞穂(平手)は養老牧場を営んでいた父を震災後に亡くした。その後、中央の競馬学校を卒業し、プロデビューするものの成績は上がらず苦しんでいた。そんな瑞穂を迎え入れたのは、地方競馬の鈴田競馬場の緑川厩舎だった。そこは、今にもつぶれそうなボロボロの厩舎(きゅうしゃ)で、やる気のない調教師・緑川光司(中村蒼)と、頑固で融通の利かないベテラン厩務員たち、馬には優しいが人には心を閉ざした失声症の若い厩務員がいた。社会のあぶれ者ばかりがいる藻屑(もくず)の漂流先と言われ、他で使い物にならないと言われた者たちのたまり場だった-。