日鉄興和不動産、DNX Venturesの3号ファンドに10億円出資

日鉄興和不動産、DNX Venturesの3号ファンドに10億円出資
       
新規事業開発の促進などを目的として
日鉄興和不動産株式会社は、2020年8月5日、DNX Venturesの運営ファンドに対して10億円の出資を実施したと発表した。

日鉄興和不動産は、不動産分譲事業を核とする総合デベロッパー。DNX Venturesは、シリコンバレーと東京に拠点を構えるベンチャーキャピタル。日鉄興和不動産の投資はDNX Venturesの3号ファンドに対して実施されており、新規事業開発の促進などを目的としている。

「選ばれ続けるデベロッパー」日鉄興和不動産
日鉄興和不動産は、日本製鉄グループの大規模遊休地開発で培った地域再生の経験・ノウハウを強みとして、総合デベロッパーとしての事業を展開している企業。「人と向き合い、街をつくる。」という企業理念を掲げており、「不動産のプロ集団」として「選ばれ続けるデベロッパー」たるべく、事業領域の拡大も進めている。

事業領域拡大を図る中で同社は、ベンチャー企業との協業による中長期的な新規事業開発の促進と、新たな収益源の創出を企図。そのための施策として今回、DNX Venturesが運営する3号ファンドへの出資を行うに至った。

ベンチャーとの協業ノウハウの高度化も目指す
DNX Venturesは、日米市場を中心としてB2Bスタートアップへの投資を手がけている。主な投資領域はクラウドSaaSやサイバーセキュリティーなどであり、投資したスタートアップ企業の数は100社以上におよぶ。

日鉄興和不動産は、DNX Venturesのファンドへ出資を実施すると共に、DNX Venturesが提供する支援プログラムにも参加。ベンチャー企業との協業ノウハウの高度化も目指すとしている。

(画像はプレスリリースより)

元の記事を読む

あわせて読みたい

ネットベンチャーニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月7日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。