bit

お葬式の道案内って、どうしてあの指さしマーク?

たまに道路で見かける、お葬式の道案内。
指さしのマークの下に「○○家」などと書かれ、黒い枠で囲まれてるあの看板だ。俗に「指さし看板」などと呼ばれているらしい。

ところでこの看板、どうしてマークが指さしなんだろう。矢印でも良さそうなのに、あの独特な手の絵が定番。厳かな雰囲気を醸している。何か理由があるんだろうか。全日本葬祭業協同組合連合会に話を伺った。
「指さしの看板もありますが、今出ているものは、矢印が多いと思いますよ」

えっ!? 指さしじゃなくなってるの?
「以前は指さしが多かったんですが、最近はパソコンで作ることが増えまして、矢印の方がマークを簡単に作れるので、矢印が増えているみたいです」

じゃあ、どうして指さしのマークが使われてきたの?
「昔は今のような立て看板ではなくて、電柱や壁に幅15~20センチくらいの小さな紙を貼って、案内していたんですね。このとき矢印だと小さく、遠くから見てどちらが尖っているのかわかりにくいんです。そこで、遠くからでも方向がわかるよう、全体の形でわかりやすい指さしが描かれるようになったんじゃないかと思います。理由は他にもあるかもしれませんが」
へぇ~。厳かな雰囲気を出すために、指さしになったわけじゃなさそうだ。

指さしの始まりは、よくわかっていない。ただ、昭和初期にはすでに、張り紙としてあったとされる。指さしと黒枠が描かれ、空欄に名前を書くだけの状態になっている紙が、葬儀用品メーカーによって売られていた。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク