bit

立体モデル化でわかる、レオナルド・ダ・ヴィンチの天才的発想力

立体モデル化でわかる、レオナルド・ダ・ヴィンチの天才的発想力
モデル化されたヘリコプター図案。ヒモを引っ張ると垂直に浮上する。
ルネッサンスの巨匠・レオナルド・ダ・ヴィンチといえば、『モナ・リザ』や『最後の晩餐』など芸術家としての一面だけでなく、科学技術においても無数のアイデアを生み出した天才学者としての顔を持っているのはご存じの通り。元来、あくまで絵を描く延長として、対象物の内部まで知っておきたい、というダ・ヴィンチのこだわりが講じて書かれた資料から始まったとも言われているが、日本では戦国時代に当たる時期に、よくこんなことを考えたものだと驚かされる物件が数多く残されている。そんなアイデアを現代の造形力で再現した、組み立てモデル「レオナルド・ダ・ヴィンチ 全10種類 塗装済みキット」がこのほど発売された。

日本でもなじみの深いダ・ヴィンチの図面スケッチというと、かつて全日空のシンボルマークにも使われていたヘリコプター図案だろう。ループ上の大きな羽を真ん中の軸を回転させて浮かび上がらせるという、巨大竹とんぼのようなあれだ。それをモデル化したのが写真にあるもの。

ところが実は、この羽のようなものは「ドリル」なのだそうだ。ダ・ヴィンチは空気を土と同じような一つの物質と捉えていたようで、その空気のかたまりを巨大なドリルを使ってこじ開けて上がっていく原理として、この図面を描いたという。模型ではそのアイデアに沿って、ネジ山が切られた軸を機体が浮上していく動きを再現している。

このように、ダ・ヴィンチの図案には今の常識からするとちょっとずれたものが少なくないという。それをモデル化してしまうのも無茶と言えば無茶だが、立体モデル化されたことでダ・ヴィンチの発想の壮大さもまたわかってくる。

あわせて読みたい

  • プラレール誕生50周年、進化のあゆみ

    プラレール誕生50周年、進化のあゆみ

  • 鉄道模型レイアウトは「デスクトップ」サイズの時代

    鉄道模型レイアウトは「デスクトップ」サイズの時代

  • コネタの記事をもっと見る 2010年7月30日のコネタ記事
    「立体モデル化でわかる、レオナルド・ダ・ヴィンチの天才的発想力」の みんなの反応 1
    • //////// 通報

      ややや!

      2
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース