bit

新潟・湯沢町へ母子避難! 赤ちゃん一時避難プロジェクト。参加者から喜びの声

新潟・湯沢町へ母子避難! 赤ちゃん一時避難プロジェクト。参加者から喜びの声
宿泊、食事、医療費など無料で提供。小児科医の常駐などのサポートも。
東日本大震災、被災地の母子を一時的に避難させる「赤ちゃん一時避難プロジェクト」が話題を呼んでいる。
赤ちゃんのいる家族を被災地から一時避難させ、民間の宿泊施設へうつってゆっくりと療養してもらおうというプロジェクト。プライベートの守られた個室を使うことができ、医療費もすべて無料、行き帰りの移動支援もおこなっている。

小さな子ども連れの家族にとって、避難所での生活はストレスが多い。震災の発生直後、「小さな子どもやお母さんたちだけでも、どこかゆっくりできるところへ避難させられないか」とNPO法人らが立ち上がり、新潟県湯沢町が呼びかけにこたえた。新潟は、中越地震の被災地であり、「私たちも中越地震では全国のみなさんに助けてもらった。困った時はお互いさま」と、受け入れに積極的な姿勢を示した。

当初は、9000人以上が避難していると言われた宮城県南三陸町から希望者を募った。しかし、全てが順調というわけではなかったという。広報担当を務める、三好さんに話をうかがった。
「はじめは、赤ちゃん一時避難プロジェクトのちらしをにぎりしめ、南三陸の避難所に行きました。しかし、1500人規模の避難所でも、2人ぐらいのお母さんにしか出会えなかった。そこからは個別訪問にきりかえ、小児科の先生とペアになって、子どもにとっては衛生上良くない状態だと、説明して回りました」

「遺体がまだ多く残っていて、日中、お父さんは作業でいなかった。母と子だけでは動けない。離れたくない、という思いも強い。なかなか、避難の希望者を見つけることが難しい状況でした」と、3月27日の時分を振り返る。...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2011年4月13日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース