bit

ドイツ、未成年者の暴飲事情

美味しいビールやワインが安く飲めるドイツ。ところで、そのドイツでの飲酒事情はどうなっているのだろう。酒に関するドイツと日本の違いはいろいろあろうが、今回はドイツの飲み屋の状況と「未成年の飲酒」に着目してみた。

「酒は百薬の長」とはいうものの、飲みすぎれば毒に過ぎない。ドイツの全人口8300万人のうち、アル中と見なされているのは130~250万人だそうである(2010年ドイツ連邦統計局)。ちなみに日本では80万人以上。ドイツのビール、ワインは安いことで知られ、スーパーで500ミリリットル・24本入りの箱がなんと1000円から売っている。日本の6分の1くらい。ワインも200円からあり、こんなに安いとついつい飲みすぎてアル中になりそうだ。

飲み屋はどうなっているのか。ドイツの各市町村には「Kneipe」という飲み屋が数え切れないほど沢山あるが、おつまみを置いていない所が多く、
「あってもチップスやピーナツとかくらいですよ」と地元ドイツ人。
以前コネタで紹介したようにドイツ人は結構ケチなので、無料でチップスなどが置いてあるとすぐなくなる(食べられる)ため、サービスで出してくれる店は少ないのが現実。他方、有料メニューでは、ドイツ式の冷たいハンバーグ(ぺちゃんこの肉団子)やドイツ式のサンド(ロールパンで)。結局、日本の居酒屋のような数多くの美味しい料理を食べられるような飲み屋はない。「食べずに飲み続ける」、日本人の感覚からすると体に悪そう。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年9月15日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。