bit

東京での孤独と居場所の発見  あるアイルランド人が見る日本の一面 2

■東京に住んでみてわかったこと
東京に住んで3年目になるフィルさんに現在の生活についてたずねた。
「東京は、何をするにも選択の幅が広いよ。何かやっていても飽きたら、すぐ違うことができる。たとえば自分の場合は、音楽が好きだからレコード屋めぐりが楽しいね。何軒も店を回って、聴ききれない程のレコードを買ってしまうときもあるくらいだよ」

住んでいれば、見えてくるのは良いところだけではない。
「満員電車はやっぱり嫌だな。今は都心と反対方向に通勤しているから電車が混まないのはラッキーだね。それから東京に限った話ではないと思うけど、働く環境はあまり良くないんじゃないかな。自分のところはそんなに多くはないけど、残業が習慣になっているのは残念だと思うよ。友達からも残業の話をよく聞くけど、あれじゃあ家族を大切にできないし、プライベートも楽しめない。社会的にもダメージが大きいと思う」

■「日本」という場所と自分の“これから”
これまでを振り返り、日本に来たことがとてもポジティブな経験となったとフィルさんは話す。
「楽しいこととか刺激的なことだけじゃなく、大変な時期とか辛いこともあったよ。やっぱり知らない国で最初から生活を成り立たせるのには苦労した。そういう経験の中で立ち直るのはかなり早くなったね。住む場所がいかに大事かということもわかった。他にも、辛いと思っていた時期をなんとかやってきたことが実は人生の重要なレッスンだったんだ、と思えることがいくつもあったよ。日本にきていなかったら考えもしなかっただろうね」

あわせて読みたい

Excite Bit コネタの記事をもっと見る 2013年4月16日のコネタ記事をもっと見る
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース