bit

あの漫画が流行っている?ベトナムの漫画事情

さらに日本の国民的アニメの代表である「ドラえもん」だが、こちらはベトナムではちょっと名前が違う。ベトナムでは「Dremon」と表記されていることが多い。故に、ベトナム人は皆「ドレーモン」と呼ぶ。これは印刷ミスが原因なのか、それともベトナム語の発音の違いによるものなのか真相は闇の中だ。

ちなみに「ドラえもん」に登場するお馴染みのジャイアンが、あるシーンでのび太にこういう台詞を言ったことがある。「お前のものは俺のもの。俺のものは俺のもの」。この台詞はベトナム人にとっては大爆笑の種だったそうだ。また、ドラえもんの人気は漫画のみに留まらず、ドラえもんの顔がプリントされている筆記用具やバッグ、洋服といったアイテムも非常に人気がある。

最後に「クレヨンしんちゃん」だが、こちらは日本でもギャグアニメとして子ども達の人気の的になっているが、ベトナムでは20代30代の大人世代も幅広くウケているようだ。
その背景としては、ベトナム人は笑いをこよなく愛し、ディズニーやピクサー映画といった子ども向けのアニメでさえ、大人も爆笑する。日本人から言わせれば、「笑いの沸点が異常に低い」のだ。そのため、クレヨンしんちゃんを見ようならば、終始爆笑の渦が起こることは必至だ。

ベトナムでもこれらはアニメとなって家庭のテレビで放送されてはいるが、それよりも圧倒的にコミック読者が多い傾向にある。バス停のベンチやカフェでくつろぎながら日本の漫画を読み耽っているのは日常であり、日本人からするとちょっぴり嬉しくなる光景であることは間違いないだろう。
(古川悠紀)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2013年8月13日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース