bit

意外な常識!? 北欧では立って仕事をするのも普通

近ごろは日本でも、「スタンディングデスク」と称して、立ちながらPC作業ができる高さのある机が注目されているが、「Sit and Stand(R)デスク」は、あくまで立っても座っても快適に使えるフレキシブルさが特長。また、北欧ならではの洗練されたデザインや機能性も秀逸だ。

2002年からは日本でも販売されており、健康志向の高まりやオフィス環境に対する意識の変化を背景に、ここ1~2年で急速に導入企業が増えている。日本販売総代理店であるスカンジナビアン モダンのマネージングディレクターである岡部さんによれば、
「以前は、もともとSit and Stand(R)デスクを知っている人の購入が多かったのですが、最近はそうでなくても、こういうのが欲しかった! という人が増えています」
とのこと。大使館や一般企業に加え、大学での導入例も多いそうだ。
「機能的なデスクがあり、デザインに優れた空間であれば、働く人は居心地がよく、創造性も発揮できるはず。オフィスにしかけをつくる。大事ですね。スウェーデンのオフィスでは、“人が最優先”という考え方が成熟しています」

ちなみに使い方は本当に人それぞれらしく、たとえば岡部さんは数センチの微調整を含め、1日に20~30回もポジションを変えるというが、別のスタッフは2、3回程度だという。重要なのは、どんなふうに使うかではなく、使い方のチョイスがあることだ。

近ごろは日本でも社員を大切にする文化が育まれつつあり、オフィス環境も進化している。たとえば10年前ならよく見かけたオフィスでのタバコもいまや分煙・禁煙が当たり前。もしかしたら、日本のオフィスで禁煙の次にくるのは、禁“座りっぱなし”なのかも!?
(古屋江美子)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年12月9日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。