bit

涙活を医療や教育に活用する「感涙療法士」

涙活を医療や教育に活用する「感涙療法士」
「なみだ先生」こと吉田英史氏。
涙を流して心のデトックスを図る「涙活」なる試みは、今や一般に広く知れ渡った活動と言えるだろう。そんな「涙活」を医療や教育の現場にて活用する「感涙療法士」なる医療職が誕生したそうだ。いったい、どのようにそれを活用するのだろうか。感涙療法士が現場で行うことは、以下の3つだそう。

1、泣ける動画の上映
「親子ものや恋愛もの、ペットものの動画が中心です」(「涙活」プロデューサー・寺井広樹氏)
2、泣き言セラピー
「“泣き言”を手紙に書いてもらい、『涙千箱(るいせんばこ)』に投函してもらいます。名前は書かなくて構いませんので、心の内を吐き出してもらいます。弱音を吐くな、と教わってきましたが、時に弱音や泣き言も大事です。泣き言セラピーでストレスを解消してもらいます」(寺井氏)
「部活をもう辞めたい」とか「勉強がいや」とか「親とうまくいってない」など詳しく書かれた手紙が、たくさん投函されるらしい。
3、泣ける話の創作
「『なみだ作文』と呼んでいまして、各班に分かれた皆さんに“泣ける話”を作り発表してもらいます。悲しくて泣けるもの、感動して泣けるもの、実話でも良いですし、創作でも構いません。“さとり世代”の学生は冷めている、無感動だと言われていますが、話を作りながら感極まって泣きだす生徒もいました」(寺井氏)

すでに幾つかの高校で「涙の授業」を実施しており、近々、少年院での授業開催も予定されている。そんな「感涙療法士」の先駆けとして活動しているのが、元高校教師の吉田英史先生だ。

あわせて読みたい

  • 婚期が遠のきそうな“ひとり行動”、婚活に効きそうなパワースポット

    婚期が遠のきそうな“ひとり行動”、婚活に効きそうなパワースポット

  • 悲しみの曲に幼児は涙するか

    悲しみの曲に幼児は涙するか

  • 赤ちゃんも悪口にキズつく?

    赤ちゃんも悪口にキズつく?

  • コネタの記事をもっと見る 2014年1月28日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース