review

女の野蛮さにはこう立ち向かえ。今夜第7話「アリスの棘」に学ぶ女子の処世術

女の野蛮さにはこう立ち向かえ。今夜第7話「アリスの棘」に学ぶ女子の処世術
復讐もさることながら、女たちの闘いもヒートアップするドラマ「アリスの棘」。そしてとうとう今夜、あの人が戻ってくる。美魔女は不滅です。写真は『紀香バディ! 』(講談社VOCE編集部)
「復讐と恋愛においては、女は男よりも野蛮である」


そんなキャッチフレーズを掲げてスタートしたTBSドラマ「アリスの棘」。第六話はまさに、女の野蛮さがぎゅぎゅっと詰まった回だった。主人公・明日美(上野樹里)の父親は医療ミスではなく、殺されていた。その手口もほぼ明らかになった。ところが、復讐は遅々として進まない。そして今夜、今夜、女豹のようなあの人まで帰ってくる。

思わぬところで“女の野蛮さ”に出くわしてしまったら、どう対処すればいいのか。「アリスの棘」第六話をおさらいしつつ、探っていきたい。


■「明日美、ちょっと話があるんだ。悠真先生のことで……こないだの旅行のとき、ふたりでどこに行ってたの?」(星野美羽)

第6話で明日美と研修医の盤台悠真(中村蒼)がキスするところを目撃したナース・星野美羽(栗山千明)のセリフ。「証拠はあがってるぞ!」と言いたいのは山々だけれど、核心には触れず、遠回しに攻めるのが女子の王道だ。このセリフが出てきたら、証拠をつかまれていると思ってほぼ間違いない。事情を説明しないまま、この場を逃げ切りたいなら早々に「私も悠真先生が好きなの!」と土下座するか、宣戦布告するかの二択だっただろう。ボヤボヤしていると、「わたしね、告白しようと思ってるの。明日美も応援よろしくね!」と逃げ道を封じられる。

■「明日美ってさ、人だますの趣味? 悠真先生のこと、わたしが気づかないと思ってた?」(星野美羽)...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2014年5月23日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ルーズヴェルト・ゲーム」のニュース

次に読みたい関連記事「ルーズヴェルト・ゲーム」のニュースをもっと見る

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

アリスの棘

アリスの棘

アリスの棘。日本のドラマでは見たことのない、痛快で破天荒なダーク・ヒロインが登場。大学病院を舞台に、父を死に追いやった医者達をクレバーに爽快にメッタ斬る、痛快でスタイリッシュなドラマ。主演は上野樹里がつとめ、視聴率は好調だった。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース