review

光り輝くゲーテの言葉を、いちいち暗闇で塗りつぶすカフカ、文豪たちの絶望対話が凄まじい

光り輝くゲーテの言葉を、いちいち暗闇で塗りつぶすカフカ、文豪たちの絶望対話が凄まじい
『希望名人ゲーテと絶望名人カフカの対話』ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ著、フランツ・カフカ著、頭木弘樹編訳/飛鳥新社
希望は誰にでもある。
何事においても、
絶望するよりは、
希望を持つほうがいい。
先のことなど誰にもわからないのだから。


これは、本書『希望名人ゲーテと絶望名人カフカの対話』の冒頭に引用されたゲーテの言葉だ。で、その隣のページには、カフカのこんな言葉が。

ああ、希望はたっぷりあります。
無限に多くの希望があります。
−−ただ、ぼくらのためには、ないんです。


……のっけから取りつく島もない。が、この2ページだけで本書のコンセプトが見えてこようというもの。

ゲーテとカフカ、ともに偉大な文豪だ。

ゲーテは25歳のときに上梓した恋愛小説『若きウェルテルの悩み』が大ベストセラーになり、82歳で亡くなる間際に「世界文学の最高峰」とも称される長編戯曲『ファウスト』を書き上げた超メジャー作家。
一方のカフカは、「ある朝、目をさますと、虫になっていた(要略)」という書き出しで有名な『変身』や未完の長編『城』の作者だが、作家としての名声を得たのはその40年の生涯を閉じたあとだった。

編訳者の頭木弘樹によれば、ゲーテとカフカは好対照をなしており(他方で多くの共通点もあった)、その最たるものが「ゲーテは希望の人であり、カフカは絶望の人であるということ」だという。そんなふたりが対話をしてしまったから、冒頭のような事態になるわけだ。

もっとも、ゲーテの没年は1832年、カフカの生年は1883年だから、ふたりが直接顔を合わせたことはない。本書では「架空の対話」という体で、両者の言葉を対にして紹介していく。もういくつか抜粋してみよう(以下、先攻がゲーテ、後攻がカフカ)。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年5月26日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。