bit

納豆嫌いが開発した“納豆嫌いでも食べられるようになるふりかけ”を、納豆嫌いの記者が試してみた

       
しかし、本番はここから。本当に食べられるのか? 果たして、私にできるのか。では25年ぶりくらいに、いただきますーっ。……あっ、食べられないことはない。いや、わかってます。明らかに、納豆の味は克服してません。でもキムチ味が刺激的なので、完全に納豆の味を打ち消してくれている。この方法だったら、私にも食べられる。味も臭いも、クリア!

ちなみに梅味の方も、私の心強き味方となってくれました。強めの梅テイストが、完全に納豆テイストを消し去ってくれた!残るわさび味ですが、これは他の2つに比べ少しだけマイルドなのか? いや、食べられることは食べられます。これだけで、私にとっては本当に凄い。でも、たまに、隙間から納豆の味が舌に伝わって「ウッ!」となってしまったのは、ここだけの話にしておいてください。
「『納豆が食べれるようになって感動した』、『納豆独特の味、香りがある程度緩和された』、『今まで納豆を食わず嫌いで食べてこなかったが、これなら食べても良いと思う』といった声が、“納豆嫌い”の方々より寄せられております」(担当者)

最後に、原理を説明しましょう。ネギ、ゴマといった香味原料をそのまま使用し、納豆の臭いと味をセーブ。そこに「わさび」「キムチ」「梅」3種類の顆粒を配合し、絶妙な味に仕上げる……という考え方です。

納豆嫌いが開発した“納豆嫌いでも食べられるようになるふりかけ”を、納豆嫌いの記者が試してみた
納豆が隠れて、美味しそうでしょう?ネギとかゴマとか、色味が食欲をそそります。納豆も隠れてるし。


兎にも角にも、生粋の“納豆嫌い”である記者が食べられたのだから、これは本物だ。そして、心の底から感動でした。納豆を食べて後味が悪くなかったのは、生まれて初めてだもの。でもこんなに体を張った取材は、生まれて初めてかもしれません。
(寺西ジャジューカ)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年5月20日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。