review

佐藤健「天皇の料理番」フランス人の味覚を知りたいなら現地で恋人をつくればいいじゃない? 今夜8話

       

ついにパリ編に突入した第7話


いよいよ主人公・秋山篤蔵(佐藤健)がパリに修業に出たTBSの日曜劇場「天皇の料理番」第7話(6月7日放送)。当然、パリで実際にロケを行なっているのだが、時代設定は1909年、100年以上も前だ。そんな昔をテレビドラマで描くのに、わざわざセットを組むことなく、実際の街並みをロケーションにして撮影できるというのは、やはりヨーロッパの都市ならではといえる。日本ではとうていできないことだと思うと、ちょっとくやしくもある。
佐藤健「天皇の料理番」フランス人の味覚を知りたいなら現地で恋人をつくればいいじゃない? 今夜8話
ドラマ「天皇の料理番」(TBS系・毎週日曜よる9時~)第8話では、外交官の粟野(郷ひろみ・写真右)から篤蔵(佐藤健)に思いがけない話が持ち込まれる

まあ、これも一種の西洋コンプレックスなのだろう。21世紀の日本人がいまだに西洋に対してもろもろコンプレックスを抱えているのだから、西欧列強が世界中を支配していた20世紀初頭ともなればなおさらだ。1909年といえば日露戦争終結の4年後だが、ドラマのなかでも解説されていたとおり、日本がロシアに勝利したことは黄色人種に対する白人の危機感をかえって強めてしまった(いわゆる黄禍論)。

オテルマジェスティックのレストランに小僧として入った篤蔵もまた、容赦のない差別を受ける。しかし、そこは実力社会のフランスのこと、篤蔵はその包丁さばきによってすぐに料理長のパトゥル(グレッグ・デール)に認められ、たった一日でレギユム(フランス語で野菜のこと)の係に昇進する。ふたたび小僧からの出発であったとはいえ、日本で学んだことはしっかりと役に立ったのだ。

とはいえ、しばらくすると今度は、小僧として入った者はずっと小僧のまま給料は上がらないという壁に直面することになる。昇給のためにはユニオン(組合)に入らないかぎり無理だというのだが、日本人である篤蔵が加入するのはとうてい不可能だと考えられた。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ごめんね青春!」のニュース

次に読みたい関連記事「ごめんね青春!」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ルーズヴェルト・ゲーム」のニュース

次に読みたい関連記事「ルーズヴェルト・ゲーム」のニュースをもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

天皇の料理番

天皇の料理番

「天皇の料理番」は杉森久英の小説が原作のドラマ。TBS60周年特別企画として放送されている。宮内省大膳職の初代司厨長を務めた秋山徳蔵の実話をベースにした。

2015年6月14日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。