review

妻に全否定され、大ショック佐藤健「天皇の料理番」今夜5話

妻に全否定され、大ショック佐藤健「天皇の料理番」今夜5話
ドラマ「天皇の料理番」(TBS系・毎週日曜よる9時〜)第6話では主人公篤蔵(佐藤健・写真左)と師匠・宇佐見(小林薫)が再会する
「いくらうちでも、もう少しマシな人がおると思います。
お願いですから、もううちの前から消えてください。
二度とうちに関わらんといて」


TBS日曜劇場「天皇の料理番」第5話(5月24日放送)では、とうとう主人公・篤蔵(佐藤健)に妻・俊子(黒木華)が三くだり半を突きつけた。いったい、ふたりの間に何が起きたのか。俊子のセリフから振り返ってみたい。


■篤蔵さん東京で修行を続けたいんでしょうし……離縁したほうがお互いのためかって……うちも思います

華族会館をクビになった篤蔵が大衆食堂で働き始めて1ヶ月半近く経った頃、かつての同僚(桐谷健太)が郷里からの手紙を持って訪ねてくる。3日おきに届いていたというその手紙は、俊子の流産を知らせるものだった。あわてて列車に飛び乗り、俊子のもとに向かう篤蔵。俊子の父親は「こちらとしては潮時やと思ってますけん」と怒りを隠さない(当たり前だ)。「東京で店持つんやったら、俊子と離縁せんでもいいですか」と食い下がる篤蔵に、俊子の妹たちは大喜び。「ついてったらええやんか」と盛り上がるが、俊子は逡巡。「お店やるってなったらお金の苦労も並大抵やないし、篤蔵さん正気なのかなって思うし……」という不安は的中。ちょうどその頃、篤蔵は実家で開店資金を借りようとし、「お前はヤクザけ!」と父親に罵倒されていた。


■「食堂の女房はいやです。愛想笑いは苦手ですさけ。務まるとは思いませんし」

父親に借金を断られ、店を開く算段も諦めもつかないまま、篤蔵は鯖江連隊を訪れる。そこへ、俊子が現れ、思いがけず夫婦で将来を語り合うことになる。「ワシ、俊子とやったらやってけるって思うとるんや」と能天気な篤蔵に対し、俊子は「うち……やっぱり、いやです。食堂の女房はいやです」とキッパリ。「宇佐見さんのような料理人ならまだしも、街場の食堂の亭主なんていくら、うちでもいやです」とも告げる。相手のことを思ってわざと嫌われるよう仕向けるという話は昔からよくあるが、それにしても大胆。無情の全否定に篤蔵はポカーン。妻に愛想をつかされる日が来るとは夢にも思ってない男の身勝手さとマヌケさがたまらなくキュートな一場面でもあった。

あわせて読みたい

  • 俳優・鈴木亮平が語る「留学の意義」

    俳優・鈴木亮平が語る「留学の意義」

  • 会社員にはキツかった「天皇の料理番」

    会社員にはキツかった「天皇の料理番」

  • 「天皇の料理番」に宮本武蔵を見た

    「天皇の料理番」に宮本武蔵を見た

  • 同じ原作で全然違う「天皇の料理番」

    同じ原作で全然違う「天皇の料理番」

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2015年5月31日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「ルーズヴェルト・ゲーム」のニュース

    次に読みたい関連記事「ルーズヴェルト・ゲーム」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「ごめんね青春!」のニュース

    次に読みたい関連記事「ごめんね青春!」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    天皇の料理番

    天皇の料理番

    「天皇の料理番」は杉森久英の小説が原作のドラマ。TBS60周年特別企画として放送されている。宮内省大膳職の初代司厨長を務めた秋山徳蔵の実話をベースにした。

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら