そしてある雑誌でも「ミスチルを辛いときとか、励まされたい時とか、くつろぎたい時に聴く。」と発言した。

このように名波・俊輔・香川と歴代の日本代表10番の選手たちが共通してミスチル好きであることが分かる。
さらに彼ら以外にも雑誌等でミスチル好きを公言しているサッカー選手は、高原直泰・前田遼一・中村憲剛・稲本潤一・中田浩二・阿部勇樹・佐藤寿人・そしてなでしこジャパンの阪口夢穂などと、日本代表でも活躍したそうそうたる面々だ。さらに、代表監督だったザッケローニもミスチルライブに来たこともあり、スガシカオが隣の席だったとブログに書いている。

そしてファンの間ではよく知られた話だが、桜井自身も一時期、音楽よりもサッカーを優先させたスケジュールを組んでいたほどのサッカー狂。昨年にはそのサッカー好きが高じて、ウカスカジーというユニットで協会公認の日本代表応援ソング「勝利の笑みを 君と」を発表した。
そんな桜井は現役、引退問わず多くのサッカー選手たちと交流があり、名波浩、福西崇史、小野伸二、香川真司らとプライベートでサッカーをする関係だ。

【あの錦織圭もミスチル好き】


・錦織圭
世界的なアスリートである錦織もミスチル好きだ。父の影響でミスチルを聴くようになったらしく、とんねるずの食わず嫌い王に出演した際、「日本人歌手ではミスチルとドリカムが好きで聴く」と答えていた。
また、自身のブログでは「桜井さんは天才だ」と語っており、好きな曲として「Drawing」「ファスナー」「口笛」などのマニアックな曲を挙げていた。