90s

さまぁ~ずとホンジャマカが盛大にコケた冠番組『大石恵三』

「大石恵三」。この名前に聞き覚えはあるだろうか?
厳密には名前ではなく、番組名。お笑い芸人の苗字の頭文字4つを寄せ集めて『大石恵三』だ。その4人とは、大竹一樹、石塚英彦、恵俊彰、三村勝和(現・マサカズ)。バカルディ(当時)とホンジャマカが冠となった初のバラエティ番組なのだ。
1993年4月にフジテレビ系でスタート。日曜夜10時半からの30分番組だった。

恵俊彰も太っていた時代があった!?


さまぁ~ずと改名するのは2000年。この頃はまだバカルディだった時代だ。コンビ名の由来はラム酒メーカーから拝借、「馬鹿」とのWミーニングになっている。
恵は今よりも太っていて、石塚は今よりも痩せていた。「大デブ小デブでホンジャマカ」、そんなキャッチフレーズがあったなんて、今の恵の姿からは想像できないはずだ。

この二組は番組で共演する機会も多く、関東の若手芸人の出世頭として期待されていた。90年代前半は相撲ブーム。人気兄弟力士の若花田・貴花田(当時)に掛けて「お笑い界の若・貴」と呼ばれていたりもしたほどだ。
ダウンタウン、ウッチャンナンチャンに次ぐ若手コンビは彼らしかいない!そんな期待を込めての大抜擢で『大石恵三』は始まっている。

『大石恵三』の行く手を阻む人気番組とは?


裏番組は日本テレビ系『進め!電波少年』、TBS系『たけし・所のドラキュラが狙ってる』と超強力布陣。

『電波少年』が「猿岩石のユーラシア大陸横断ヒッチハイク」で社会現象となるほどの人気になるのは1996年。この頃は「アポなしロケ」を売りに、松村邦洋や松本明子が体当たりで無茶な企画にチャレンジするのがメイン。しかし、何が起こるか分からないハプニング性で人気は上々。企画力で勝負するバラエティ番組だった。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク