90s

小室ファミリーだった仲間由紀恵、鳴かず飛ばずだったアイドル歌手時代

この春より、フジテレビ系『MUSIC FAIR』の新司会者となった仲間由紀恵。レギュラーの音楽番組司会は今回が初挑戦となる彼女、元々はアイドル歌手だったことをご存知だろうか?

篠原涼子も在籍していた「東京パフォーマンスドール」に加入


デビュー当初はアイドルとして活動していた仲間由紀恵。1994年より地元・沖縄でローカル活動を開始した後、翌95年頃にはアイドルグループ、東京パフォーマンスドール(TPD)に在籍している。篠原涼子や、『DA.YO.NE』の大ヒットで知られる市井由理らが在籍していたことで知られるグループだ。
もっとも当時のTPDは主要メンバーも抜け、自然消滅寸前。メンバーの正式な人数も曖昧な状態だった。1995年12月発売のライブビデオでは、研修生としてバックダンサーを務める仲間由紀恵の姿も確認できる。

小室ファミリーとして歌手デビューした仲間由紀恵


1996年6月には『MOONLIGHT to DAYBREAK』という曲で歌手デビューを果たしている。この曲は、小室哲哉のフジテレビ系深夜番組『TK MUSIC CLAMP』のエンディング曲だったのだが、元々は仲間の曲ではなく、多くのアイドルが週替わりで歌っていたもの。矢田亜希子や前田愛・亜季姉妹、坂下千里子、佐藤仁美、榎本加奈子ら、今も活躍中の面々も初々しい歌声でこの曲を披露している。
同年5月のオンエアでは、歌手デビューを記念して小室哲哉がギターで参加する形でスタジオライブを披露。小室ファミリーとして待望のデビューを飾ることとなった。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク