bit

缶コーヒーなのにお値段400円以上! 「ミル挽き珈琲」ボトル缶が生まれたワケ

一風変わった缶コーヒーを新宿区の自販機で見かけた。なんと400円という強気なお値段! スタバの本日のコーヒーでもショートサイズで280円だ。間違って購入されないように、他のドリンクとは仕切られているのもユニークだ。
これは気になる…いったいどんなコーヒーなのだろう? 詳しく知りたくなったので、このコーヒーを製造するメーカー・トーヨーベンディングへ問い合わせてみた。

缶コーヒーなのにお値段400円以上! 「ミル挽き珈琲」ボトル缶が生まれたワケ
それがこちら「ミル挽き珈琲 ボトル缶」


1杯ごとに豆を挽く自販機を開発した会社


――トーヨーベンディングさんがどういう会社なのかを教えて下さい。
昭和40年代から自動販売機の運営事業を開始し、その後、当社独自のカップ型自動販売機「ミル挽き珈琲アドマイヤ」を開発、現在は高速道路をはじめ、オフィスビルや病院等で美味しい珈琲やオリジナルのドリンク類を販売させていただいております。

缶コーヒーなのにお値段400円以上! 「ミル挽き珈琲」ボトル缶が生まれたワケ
「カップ型自動販売機アドマイヤ」(写真提供:トーヨーベンディング)


――主にどのような商品を手掛けているのでしょうか?
ミル挽き珈琲はもちろんのことバンホーテンココア、バナナショコラ、リッチチョコなどお子様や女性にも喜んでいただけるメニューが充実していますので、ぜひお試しください。  
缶コーヒーなのにお値段400円以上! 「ミル挽き珈琲」ボトル缶が生まれたワケ
高速道路をはじめ、オフィスビルや病院等に設置されていて、淹れたてを味わうことができる「カップ型自動販売機アドマイヤ」(写真提供:トーヨーベンディング)

缶コーヒーなのにお値段400円以上! 「ミル挽き珈琲」ボトル缶が生まれたワケ
アイスコーヒー(写真提供:トーヨーベンディング)

缶コーヒーなのにお値段400円以上! 「ミル挽き珈琲」ボトル缶が生まれたワケ
ホットコーヒー(写真提供:トーヨーベンディング)


――「ミル挽き珈琲 ボトル缶」について製品化に至るまでの経緯と、商品の特徴を教えて下さい。
選び抜いたキリマンジャロ100%の珈琲豆を使用した、挽きたて、淹れたての珈琲の味を様々なシチュエーションで楽しんでいただきたいとボトル缶の開発に着手いたしました。ボトル缶史上、最高に美味しい珈琲を時間をかけて開発しました。...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2016年7月30日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース