90s

大ヒットも打ち切りに……不運に見舞われた映画作品とは?

大ヒットも打ち切りに……不運に見舞われた映画作品とは?
(※写真はイメージです)
なにかの不祥事がきっかけとなり、映画などが途中で打ち切りになってしまうケースはこれまでに多々ある。今回紹介する「REX 恐竜物語」もそのひとつだ。

日本映画界を席巻した角川映画


ところでこの「REX 恐竜物語」は、あの「角川映画」として知られる。角川映画といえば、1976年の第1作「犬神家の一族」以来、「戦国自衛隊」や「セーラー服と機関銃」など、長きにわたって日本映画を席巻していた。この角川映画を先導していた人物こそ、角川書店の社長であり映画監督でもある角川春樹である。

メディアミックスの第一人者・角川春樹


角川春樹は映画、文庫本、レコード、テレビを連動した宣伝作戦を実践するという、メディアミックス戦略の第一人者として知られる。つまりは、現在は当り前となっている常套戦略の産みの親。彼の慧眼は驚くものがあると言えるだろう。
しかしそんな順風満帆の折に起きたのが、コカイン密輸事件だった。

衝撃的だった角川春樹の逮捕


1993年8月29日、当時51歳だった角川春樹は、コカイン密輸事件にかかわったとして、麻薬取締法違反などで逮捕されてしまう。90年に公開された角川映画「天と地と」が成功したことで、90年代も幸先のよいスタートを切りながらの、まさかの不祥事。角川自身も角川書店社長の座を追われ、角川書店はもちろんのこと、映画界全体にも大きな衝撃を与えたのだった。

2ヵ月で22億円を記録したが打ち切りに…


さて「REX 恐竜物語」は、角川自身が脚本と監督を務めたほか、ムツゴロウさんこと畑正憲の原作だったり、当時の人気子役・安達祐実の映画デビュー作だったりと、公開前から話題を集めていた作品。そうしたこともあり、上映後はたった2ヵ月で22億円の売り上げを誇り、93年のランキングでは2位を記録した。
しかし、逮捕の影響によって全国各地で相次いで途中打ち切りに……。配給元である松竹にとっても大きな打撃となってしまったのだ。
(ぶざりあんがんこ)

※イメージ画像はamazonよりREX恐竜物語

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年11月4日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。