review

「べっぴんさん」50話。新聞記者ひどい…昔からマスコミはマスゴミだったのか

連続テレビ小説「べっぴんさん」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第9週「チャンス到来!」第50回 11月29日(火)放送より。 
脚本:渡辺千穂 演出:中野亮平
「べっぴんさん」50話。新聞記者ひどい…昔からマスコミはマスゴミだったのか
イラスト/小西りえこ

50話はこんな話


キアリスが新聞の取材を受けることになった。だが刷り上がった新聞には、明美(谷村美月)を外した3人のお母さんがつくった店として紹介されていた。

マスコミって……


「ひとり独身が混じっているよりも全員母親って言うたほうがよかったんやろな。うちはこれっぽちも気にならんから・・・」
って嘘ばっかり。亡くなったお母さんに喜んでもらえると楽しみにしていたはず。悲しい。
新聞に載った写真は、明美だけ切られ、でも微妙に半身が残っていて、それがまた悲しい。酷すぎる。
朝から血圧上昇しちゃったじゃないか!

こういうことは取材あるあるだが、昨今は、マスコミの捏造に世間の目はかなり厳しい。「べっぴんさん」の時代(戦後すぐ)もマスコミはマスゴミだったのか。49話レビューでも引用した参考文献「現代史年表」(小学館)には、この年(昭和23年)、「埼玉県本庄町の暴力団・町議、官憲の癒着報道の朝日新聞記者に暴行した本庄事件」が起こったとある。これは真逆で、ジャーナリストが真実を報道したパターン。こういう人もいる一方でドラマに出てきた記者はなっとらん。救いは、すみれ(芳根京子)たちがちゃんと明美の仕事を認めていること。当事者たちが手柄横取りというせちがらいケースも世の中にはいくらでもある。

あわせて読みたい

  • 「べっぴんさん」これからこれから詐欺

    「べっぴんさん」これからこれから詐欺

  • 「べっぴんさん」ファミリアとレナウン

    「べっぴんさん」ファミリアとレナウン

  • 「べっぴんさん」狂犬の潔でテコ入れか

    「べっぴんさん」狂犬の潔でテコ入れか

  • 「べっぴんさん」未来の型紙を作る物語

    「べっぴんさん」未来の型紙を作る物語

  • 気になるキーワード

    1. 連続テレビ小説 まんぷく
    レビューの記事をもっと見る 2016年11月30日のレビュー記事
    「「べっぴんさん」50話。新聞記者ひどい…昔からマスコミはマスゴミだったのか」の みんなの反応 1
    • ウヨとアカは眺めて愉しむ 通報

      マスコミは「事実を報道する」のではなく「報道したい真実を報道する」ということは前作『とと姉ちゃん』で習ったはず。それを「マスゴミ」とは、どういう料簡か?

      1
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    「連続テレビ小説 + まんぷく」のおすすめ記事

    「連続テレビ小説 + まんぷく」のおすすめ記事をもっと見る

    次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュース

    次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュース

    次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュースをもっと見る

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    べっぴんさん

    べっぴんさん

    NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」のレビュー記事一覧。

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース