90s

少年ジャンプ鬼門のサッカー漫画、『キャプ翼』続編も打ち切りに…

少年ジャンプのサッカー漫画と言えば……?
思い浮かべる筆頭は『キャプテン翼』で間違いないだろう。ダイナミックなコマ割りと荒々しいタッチが生み出す疾走感と躍動感。サッカーを知らなくても楽しめるその面白さは本物。ジャンプやサッカー漫画の枠組みを超えて親しまれる、マンガ界の金字塔だ。

しかし、その偉大すぎる功績ゆえか、その後のジャンプにおいてサッカー漫画は大きなヒットに恵まれていない。特に21世紀に入ってからのサッカー漫画は全てが短期打ち切りだ。
2002年『NUMBER10』全1巻、2009年『マイスター』全2巻、2010年『少年疾駆』全2巻、『LIGHT WING』全3巻、2011年『DOIS SOL(ドイ・ソル)』全2巻、2014年『TOKYO WONDER BOYS』全1巻……。
『NUMBER10』『マイスター』『TOKYO WONDER BOYS』に至っては、全10話の最短打ち切りコースといった惨状。長期連載は98年~02年に掛けての『ホイッスル!』にまでさかのぼらなければならない。
では、90年代のジャンプではどうだったのだろうか?

国民的サッカーブームの立役者『キャプテン翼』が5年ぶりに復活!


Jリーグ発足に沸き立つ93年、連載終了から5年が経っていた『キャプテン翼』が『特別編(オランダユース編)』として少年ジャンプに復活を果たした。
当時の若手Jリーガーは『キャプ翼』直撃世代。この「初代」をきっかけにサッカーを始めた選手も多かった。5週に渡っての集中連載だったが、このタイミングでの復活は当然といえるだろう。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク