review

夫婦の真実を描いた神回「カルテット」実は視聴率好調で今夜7話(10時になるのが怖い)

坂元裕二脚本、松たか子、満島ひかり、松田龍平、高橋一生主演によるTBS火曜10時スタートのドラマ『カルテット』。

相変わらず抜群の密度を維持したまま“第二幕”に突入。先週放送された第6話では圧巻のドラマを展開しつつ、エンディングの2分では視聴者を「ギャー!」「えー!」などと絶叫させるキレキレぶりだった。

視聴率はV字回復した5話の8.5%から少し下がって7.3%。とはいえ、TBSの武田信二社長は定例記者会見で「(録画による)タイムシフト視聴率、(リアルタイム視聴率も加えた)総合視聴率も『カルテット』は好調」とコメント。数字は未発表だが、『カルテット』の視聴率は好調だった! 良かった!
夫婦の真実を描いた神回「カルテット」実は視聴率好調で今夜7話(10時になるのが怖い)
イラスト/小西りえこ

すれ違い続ける夫婦の残酷なドラマ


第6話で描かれたのは、巻真紀(松たか子)と失踪した夫・幹生(宮藤官九郎)のエピソード。どこにでもある、さりげない、それでいて絶望的な夫婦の物語だ。ドラマは声高でもなく、説明的でもなく、じっくり静かに夫婦の崩壊を綴っていく。

広告代理店でCM制作に携わっていた幹生は、仕事で出会ったヴァイオリン奏者の真紀に一目惚れをする。声が小さな二人はやがて結婚して家庭を持つが、徐々にささいなすれ違いが生じるようになる。

妻は唐揚げにレモンを容赦なくかける。
夫の「人生ベストワン」の映画に一緒に感動できない。
妻の会話は退屈なテレビと家の周辺のことばかり。
夫は散歩がてらにコーヒーを飲みにいきたいのに、妻は家にあるパックのコーヒーを飲もうとする。

あわせて読みたい

  • カルテット 高橋一生の手の名演に泣く

    カルテット 高橋一生の手の名演に泣く

  • 「カルテット」視聴率は下がるが面白い

    「カルテット」視聴率は下がるが面白い

  • 今夜「カルテット」視聴率微減の理由

    今夜「カルテット」視聴率微減の理由

  • 「カルテット」白シャツ腕捲り高橋一生

    「カルテット」白シャツ腕捲り高橋一生

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2017年2月28日のレビュー記事
    「夫婦の真実を描いた神回「カルテット」実は視聴率好調で今夜7話(10時になるのが怖い)」の みんなの反応 1
    • poco 通報

      今日のは、面白かったな。盗癖のある女が落とされた時も残酷さよりもスッキリしたし、一生さんが、スベリ落ちた後にカゴが頭に当たったのも偶然みたいだし、官九郎さん出てから、がらっと雰囲気変わって最高です。

      12
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「西島秀俊」のニュース

    次に読みたい関連記事「西島秀俊」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    カルテット

    カルテット

    ドラマ「カルテット」のレビュー記事一覧

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら